教育研究上の目的・3つのポリシー等

人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人間福祉学科健康福祉専攻は、人を思いやる心をもち、人とのつながりを大切にしながら、社会福祉専門職の価値や倫理及び社会福祉的な対象理解の能力や問題解決能力、さらには社会福祉の相談援助の知識・技術を身につけ、「ソーシャルワークのグローバル定義」の視点を備えた人材の育成を目的とします。
このために、卒業時点において学生が身につける能力・資質として以下の5点を定めます。

  1. (1)コミュニケーション力
    建学の精神の核となる<利他の精神>に基づいて、優しさと思いやりの心をもって、人とつながることができる。
  2. (2)エコロジカル思考
    社会福祉とその隣接領域を学習することを通じて、人と社会の在り方を多角的に考察する力を身につける。
  3. (3)ソーシャルワーカーに必要な専門知識・技術の習得
    社会福祉に関する専門知識・技術を活用することによって、社会に貢献できる。
  4. (4)問題解決能力
    さまざまな価値観を調整し、本学の根本理念である<和>の世界の実現に尽力することができる。
  5. (5)イノベーション力
    既存の考え方に安住せず、堅実かつ柔軟な思考で、不断の刷新を図ることができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

人間福祉学科健康福祉専攻は、社会福祉学の重要な要素は理念や理論だけでなく実践であるため、実習を核として講義と演習がそれを支える教育形態を有しています。さらに、医学、心理学、社会学、介護学などの隣接領域の基本的な知識も習得します。

  1. (1)1年次では、社会福祉の基礎知識である自己覚知、倫理、価値等の学習に加えて隣接領域も学習します。社会福祉の実践活動の啓発活動や社会福祉実習も行い、社会福祉活動への関心を高めます。また、ノートテーキングやレポート作成などの大学での学習方法も学びます。
  2. (2)2年次からは、社会福祉の専門知識と技術を習得するために高齢者・障がい者・児童などの福祉領域の専門科目を履修します。社会福祉援助実習・演習科目については、講義科目との関連性を持たせながら社会福祉専門職としての基盤となる相談援助の展開方法について総合的かつ包括的に学びます。10日間の体験実習を履修するために、実習施設・機関の種類、各施設・機関でのソーシャルワーク業務の実際について理解を深め、具体的かつ実際的に理解し、実践的な技術を体得します。
  3. (3)3年次には、社会福祉施設、障害サービス事業所、医療機関、行政機関、社会福祉協議会などで23日間の「社会福祉相談援助実習」を履修します。相談援助実習を通して、相談援助に係わる知識と技術について、具体的かつ実際的に理解し実践的な技術を体得します。併せてソーシャルワーカーに求められる資質、技能、倫理、自己覚知握等を深め、総合的に対応できる能力を修得し、実践と理論の一体的な理解を深めます。精神保健福祉援助実習指導では、精神科病院、精神科クリニック、精神障害者を中心に支援を実施している障害福祉サービス事業所への見学実習を実施し、精神保健福祉分野の関連施設に関する理解を深めます。また、ゼミの配属を行い、社会福祉分野の学習を一層深めるために関心のある研究領域を定めます。
  4. (4)4年次は、精神保健福祉援助実習、医療ソーシャルワーカーインターンシップを実施します。社会福祉相談援助実習で学んだ体験を生かし、さらに専門領域の幅を広げ、知識を深めます。精神保健福祉援助実習では、あらかじめ指定された配属実習先で実習指導者の指導のもと、学生自ら主体的に学習を進めます。実習時間は、精神障害者福祉施設等で60時間以上、精神科医療機関で90時間以上の実習を実施します。医療ソーシャルワーカーインターンシップでは、10日間から14日間のインターンシップ実施し、医療ソーシャルワーカーとして求められる専門的知識・技術・価値を体験的に学び、実践力を養います。ゼミでは、各自の課題研究を行い、卒業研究にまとめます。

教育方法

  1. (1)1年次においては、社会福祉の基礎的な知識を習得し、グループワークも活用することでコミュニケーション力を高めます。大学基礎演習については、ICT機材の活用やアクティブ・ラーニングによる授業を展開します。
  2. (2)2年次より、多領域の相談援助事例を通して、少人数でのロールプレイなどを行います。社会福祉現場における実際の理解を深めるために、実践者による特別講義などの機会も設けます。
  3. (3)3年次は、相談援助実習を実施し、実習指導者と担当教員によるスーパーバイズを行います。相談援助実習を通した学びについては、実習生間で共有し、学生による実習報告会を実施、発表方法を学ぶとともに考察を深めます。精神保健福祉実習指導では、医療機関等での体験実習等を行います。
  4. (4)4年次の精神保健福祉援助実習、医療ソーシャルワーカーインターンシップでは、これまでに学んだ知識等を整理し、実習、インターンシップ時には、機関の指導者と担当教員によるスーパーバイズを実施します。実習後は、実習生間で体験の共有化を図り、現場実践から得た知見を理論化し専門職として活用できるよう考察を深めます。

学修成果の評価方法

  1. (1)講義科目については、定期試験、平常点(授業参加態度等)、レポート等で総合的に評価します。
  2. (2)大学基礎演習、実習、演習授業については、ルーブリック等による評価を行います。
  3. (3)演習・実習などの相互に関連している系統的な授業については、科目を越えて総合的な判断により評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

人間福祉学科健康福祉専攻は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような能力・資質、目的意識をもった人物を求めます。

  1. (1)他の人の話に耳を傾けることができる人物
  2. (2)少子高齢化など社会的問題に関心がある人物
  3. (3)相談援助の知識や技能を高めようとする目標を持っている人物
  4. (4)違う価値観の人と協働して、物事に取り組むことができる人物
  5. (5)ボランティアなどの活動に参加している人物