教育研究上の目的・3つのポリシー等

人文社会学部 社会学科


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会学科は、グローバルな社会で貢献しうる資質を身につけさせる観点から、社会、人間、文化のしくみや相互の関連について、柔軟かつ論理的・科学的に思考し、判断できる人材の育成を目的とします。
このために、卒業時点において学生が身につける能力・資質として以下の4点を定めます。

  1. (1)幅広い教養を身につける
    社会学や心理学、及びそれらに関連する諸領域から、自らの興味・関心に基づき学修することにより、グローバルな視野を持って幅広い教養を身につけ、柔軟な思考力を身につける。
  2. (2)高度な専門性を身につける
    それぞれの専門領域の知識・技能を学び、その領域に即した論理を理解することにより、社会、人間、文化のしくみや相互連関について、学問的に考察する。
  3. (3)課題解決能力を修得する
    自らの興味・関心に即して課題を設定し、その解決のために必要な文献や資料を検討するとともに、情報通信機器を活用することによって、収取した資料・データを適切に加工・分析する。
  4. (4)社会で活躍しうる資質を形成する
    グローバルな現代社会を視野に入れて、自ら設定した研究テーマの成果を報告し、また他の人の発表を批判的に理解し、適切に判断することを目指すことにより、自らの能力・資質を鍛え、他者と協働する力を養う。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

社会学科における教育課程編成・実施の基本的な考え方として、学生自らの主体的な学びを促すことを目指して、「人間・社会」「地域・環境」「メディア・カルチャー」「心理」の4つの履修領域(コース)を設定し、基礎から応用までの段階を考慮して、各学年に授業科目を配置しています。また、4年間のすべてのセメスターにおいて少人数制の演習を設定し、アクティブ・ラーニングやICTの活用を行います。

  1. (1)「人間・社会コース」;社会学的なものの見方や考え方、調査資料・データの収集や分析方法を学び、社会学の基本を学びます。1年次の必修科目として「社会学概論」、「社会学理論Ⅰ」、「社会病理学」が設定されており、2年次以降、自由に選択科目を履修することができます。また、このコースに設定された所定の科目を12単位以上修得することにより、「社会調査士」の資格を取得することができます。
  2. (2)「地域・環境コース」;家族、人間関係、産業、国際関係などを深く探究することにより、グローバルな現代社会を生き抜く実践力を身につけます。1年次の選択科目として「国際問題論」、「フィールドワーク入門」が設定されており、2年次以降、自由に選択科目を履修できます。
  3. (3)「メディア・カルチャーコース」;人と人とがどのようにつながり、いかに多様な文化が形づくられているか、いろいろな角度から考える力を身につけます。1年次の必修科目として「文化研究概論」、選択科目として「マス・メディア論」が設定されており、2年次以降、自由に選択科目を履修することができます。
  4. (4)「心理コース」;さまざまな場面でメンタルヘルスの関心が高まっているなか、心理学をより幅広く実践的に学びます。1年次必修科目として「入門心理学」、選択科目として「心理学実験法」が設定されており、2年次以降、自由に選択科目を履修することができます。またこのコースに設定された所定の科目を36単位以上修得することにより、「認定心理士」資格を取得することができます。
  5. (5)「演習」;アクティブ・ラーニングの観点から発表や討論を行い、コミュニケーションスキルやプレゼンテーションの能力を高めます。1年次「大学基礎演習Ⅰ」・「大学基礎演習Ⅱ」、2年次「基礎演習Ⅰ」・「基礎演習Ⅱ」、3年次「演習Ⅰ」・「演習Ⅱ」、4年次「演習Ⅲ」・「演習Ⅳ」。3、4年次の「演習」は、同一のゼミで学び、基本的に全員が「卒業研究」に取り組みます。

教育方法

  1. (1)それぞれの科目において取りあげられているテーマについて、具体的な知識を修得できるようにします。
  2. (2)それぞれの科目において修得した知識に基づいて、その科目のテーマについての概要を学生が主体的に理解できるようにします。
  3. (3)学生が個々に抱いている興味・関心に基づいて、それぞれの科目の内容を理解し、考察していくことができるようにします。
  4. (4)興味・関心に即して学生自らが設定したテーマを追究することができるようにします。
  5. (5)とくに演習においては、アクティブ・ラーニングの視点からの取り組みやICTの利用など、さまざま形態での教育方法を試み、実践していきます。

学修成果の評価方法

  1. (1)講義科目においては、定期試験の基本的な重要性を踏まえつつ、中間テスト、小テスト、課題レポート、授業内レポートを実施し、学修成果に対する多様な評価を行います。
  2. (2)演習科目においては、ワークシートを用いたレポート作成やグループワークに基づくディスカッション、プレゼンテーションなどを対象にして、ルーブリックを導入するなどして、実践的な評価を行います。
  3. (3)個々の学生の学びにおける成長を重視した評価を行います。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような能力・資質、目的意識をもった人物を求めます。

  1. (1)人間関係・心理・家族・地域・企業・メディア・文化・環境・国際関係など、社会と人間に関する様々なテーマについて、自分自身の興味や関心、疑問を出発点にして調べ、観察し、考え、表現することに意欲のある人物
  2. (2)ものごとを事実に即して把握する力、筋道を立てて考察する力、幅広い視野で問題に対応する力、社会的・人間的なかかわりを持つ力、これらを通して課題解決の力を高めようとする人物
  3. (3)将来、社会科教員や公務員を目指す人物。また一般企業に就職し、大学で身につける分析力、洞察力、行動力を発揮したい人物
  4. (4)グローバル化する現代社会の中で、固定観念から脱却し、新しい人間社会のあり方、また自分らしい生き方を模索してみたい人物