教育研究上の目的・3つのポリシー等

人文社会学部 国際キャリア学科


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際キャリア学科は、実践的な外国語能力とコミュニケーション能力を習得し、また変動する国際問題に関する基盤となる知識を身につけ、さらに、卒業後のキャリア形成に必要な知識とスキルを獲得し、グローバル化社会で活躍できる人材の養成を目的とします。
このために、卒業時点において学生が身につける能力・資質として以下の5点を定めます。

  1. (1)外国語能力
    「読む・聞く・話す・書く」の各言語能力において実践的な外国語能力を習得する。
  2. (2)コミュニケ―ション能力
    高い外国語能力に基づき、グローバル化した社会に即応したコミュニケーション能力を習得する。
  3. (3)国際的認識能力
    環境・民族紛争・宗教・経済・金融等の国際的な問題を認識し、国際社会における日本の役割を実践的に把握する能力を獲得する。
  4. (4)異文化理解力
    言語の背景にある歴史・文化・政治・経済等に関心を持ち、異文化理解への関心と意欲を身につける。
  5. (5)課題解決能力
    自ら課題を設定し他者と協同しながら問題解決にあたり、グローバル化社会で有為の人材となるために必要な知識とスキルを獲得する。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

国際キャリア学科における教育課程編成・実施の基本的な考え方として、グローバル化した社会に対処できる能力・知識・スキルを体系的、実践的に学ぶことを目的として教育課程を編成しています。1、2年次では語学力の向上に重点を置き、さらに3年次からは各自の進路・適性に応じて、①英語文化コミュニケーション、②国際理解、③キャリア支援、④教員養成、の4領域からそれぞれ指定の科目を選択履修します。また3、4年次では各自の適性や関心に応じて「専門演習(ゼミ)」を受講し、希望者は担任教員の指導の下に「卒業研究」を作成します。

  1. (1)1年次においては、「英文法Ⅰ・Ⅱ」「Extensive Reading初級Ⅰ・Ⅱ」「ベーシックコミュニケーションⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」「キャリア英語入門Ⅰ」を必修とします。さらに、「国際関係論」を必修科目として、国際情勢の把握、国際問題の理解の基礎を学びます。
  2. (2)2年次において、「Extensive Reading中級Ⅰ・Ⅱ」・「ベーシックコミュニケーションⅤ・Ⅵ・Ⅶ・Ⅷ」を必修とします。また学科共通領域として3年次からの①英語文化コミュニケーション(「キャリア英語Ⅰ・Ⅱ」「Reading(Culture)、Reading(Society)、Reading(Literature)」)、②国際理解(「国際理解教育」「異文化共生論」「エリアスタディー(北アメリカ)、エリアスタディー(中国)、エリアスタディー(オセアニア)」「国際理解特殊講義」)、③キャリア支援(「国際ビジネス論」「ビジネス英語」「グローバル・ファイナンス」)、④教員養成(各領域にまたがる科目とともに教職関連科目)の4領域のそれぞれから関心を持てる科目を選択します。また英語以外に「中国語会話Ⅰ・II」なども選択できます。
  3. (3)3年次からは、学科共通領域科目に加えて、①英語文化コミュニケーション(「Reading」「Extensive Reading上級Ⅰ・Ⅱ」「アドバンスト・コミュニケーションⅠ~Ⅷ」「キャリア英語Ⅰ~Ⅵ」等)、②国際理解(「国際理解教育」「異文化共生論」「国際コミュニケーション論」「国際法」「社会情報論」「環境社会論」等」)、③キャリア支援(「貿易実務Ⅰ・Ⅱ」「金融システム論」「グローバルビジネス研究」「貿易理論」等)、④教員養成(「英語学」「言語学概論」「英国史」「米国史」等)、の4領域から各自の進路・適性に応じて科目を選択し、履修します。

教育方法

  1. (1)1、2年次の必修英語科目では、より効果的な学習を進めるため、英語習熟度別のクラス編成を行います。
  2. (2)英語コミュニケーション能力向上のため「ベーシックコミュニケーション」はネイティブ教員が担当します。
  3. (3)ビジネス場面の実践的英語に習熟させるための方法として、「キャリア英語入門」「キャリア英語」ではTOEICの形式を取り入れます。
  4. (4)講義を起点とする科目においては、ICTも活用しながら、学生自身が課題を発見し、解決法を探究するアクティブ・ラーニングを実施します。
  5. (5)3、4年次の専門科目のいずれにおいても、実践的な能力を発展させるため、アクティブ・ラーニングを徹底します。そのうち、①では2年次までに身につけた英語運用能力をさらに高めるため、少人数教育を徹底し、できるかぎりネイティブ教員が担当します。②では世界各地の現状と問題について、履修者による課題発見、調査、プレゼンテーションを行います。③は主に経営、貿易、ファイナンスの実務経験を持つ教員が担当します。④では履修者自身が教える側に立つことを常に意識させるため、教授の実践形式を数多く経験させます。
  6. (6)ランゲージプラザにおいて、学生の個別ニーズに応じ、ネイティブスピーカーによる英語と中国語の実践的会話を行うとともに、日本人教員による個別指導を行い、授業の補完とします。

学修成果の評価方法

  1. (1)語学関連科目においては、授業時の発表、予習、復習を重視するとともに、学期中に小テスト等を実施し、学期末の試験を実施します。評価はルーブリックを活用しながら、平常の発表、小テスト、期末試験の結果を総合して行います。
  2. (2)専門科目においては、授業内容の理解度を復習テスト等を通して確認して平常点とし、さらに理解した内容を基にアクティブ・ラーニングによって得た能力を評価します。そのため履修者のレポートやプレゼンテーションの内容や態度が評価対象となります。
  3. (3)すべての科目において、授業時に積極的に自己の意見を日本語や外国語で発表する態度を評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際キャリア学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような能力・資質、目的意識をもった人物を求めます。

  1. (1)グローバル化した社会で前向きに生きていこうとする強い意志と意欲を持つ人物
  2. (2)英語に関して高校での基礎的な学習内容を習得し、入学後に語学力を高度で実践的なものにしたいと希望する人物
  3. (3)言語の背後にある文化・歴史・政治・経済等の多様な要素に興味を抱く人物
  4. (4)異文化に興味を持ち、海外体験を実現してみたいという希望を持つ人物
  5. (5)現代の国際関係に関心を持ち、そこに存在する課題を発見し、その解決法を探ろうとする人物
  6. (6)国際的視野を持った英語教員になる意志を有し、そのための努力ができる人物