教育研究上の目的・3つのポリシー等

人文社会学部 日本学科


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本学科は、日本語及び日本の文学・歴史・文化について、グローバルな視野に基づいた幅広い知識を体系的に身につけて自ら問題点や課題を見出し、これに取り組む姿勢と解決能力を持ち、高度な日本語コミュニケーション能力を修得し、他者と調和ある共生を目指すことのできる人材の育成を目的とします。このために、卒業時点において学生が身につける能力・資質として、以下の4点を定めます。

  1. (1)日本及び日本語に関する幅広い知識と教養
    日本の言語・文学・歴史・文化について、グローバルな視野に基づいた幅広い知識を体系的に修得し、基本的な事項を理解している。
  2. (2)高度で精確な日本語表現力
    自身の考えや意見を他者にわかりやすく伝えるための、精確かつ適切な日本語表現力と表現方法を修得し、状況に応じて的確に運用できる。
  3. (3)総合的・論理的な思考力と分析力及び問題発見・解決能力
    言語・文学・歴史・文化の各領域を総合する視点を保持しながら、専門領域の諸問題について論理的な思考による分析を施し、自らが発見した課題や問題点の解決に取り組むことができる。
  4. (4)自己と他者に対する理解、及び豊かな人間性の涵養
    学修上の課題の理解と探究を通じて自己と他者への理解を深め、より豊かな人間性の涵養を通じて他者との調和ある共生を目指せる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

日本学科における教育課程編成・実施の基本的な考え方は、日本の言語・文学・歴史・文化の各分野を①日本語・日本文学領域、②歴史・文化・観光領域、③現代文化領域の専門三領域に体系化し、その上で、各領域に固定することなく、学生個々の興味・関心や将来の進路に関する必要に応じて、それぞれの科目群から自由に選択し、幅広く学ぶことを可能にするというものです。また、基礎的知識・技能の修得や、演習による専門知識の深化のために構築された学科共通領域では、博物館学芸員資格取得のための課程も設定しています。

  1. (1)学科共通領域においては積み重ねて履修する演習科目とその他の科目が設定されています。積み重ねて履修する演習科目としては、基礎的知識・技能を修得する演習と、専門知識の深化を図る演習(ゼミ)があります。その他の科目としては、古典や書道の基礎的知識や技能を修得する授業があります。
  2. (2)①日本語・日本文学領域においては、日本語学領域と日本文学領域が設定されています。日本語学領域では日本語の体系や歴史、及び日本語教育に関する授業が設置され、日本文学領域では上代から近代・現代に至る時代領域に加え、漢文学関係の授業も設けられています。なお、いずれの領域にも中高「国語」教員免許取得に関わる授業が多く含まれ、日本文学領域には中高「国語」の授業実践に資する授業も配当されています。
  3. (3)②歴史・文化・観光領域においては、歴史領域、文化領域、観光領域という三領域が設定されています。歴史領域では古代から近代に至る時代領域が、文化領域では日本文化について歴史的な観点をはじめとする様々な角度から考察する授業が配当され、観光領域では地理学から旅行実務まで幅広い授業が展開しています。なお、各領域には、日本学科における社会科系教員免許の基本科目、高校「地歴」の取得に関わる授業が多く含まれます。
  4. (4)③現代文化領域においては、文学・音楽・映像・芸術からサブカルチャーに至るまで、広範な現代の文化事象を扱う授業が設置されています。また、インターネットやSNS、メディアミックス等、現代のメディア状況を分析する授業も設けられています。
  5. (5)博物館学芸員課程においては、概論科目から博物館における実習科目まで体系的に授業が配置され、現代社会において求められる学芸員の多様な職務に対応することのできる知識を修得します。

教育方法

  1. (1)日本及び日本語に関する幅広い知識と教養を修得するため、1、2年次に専門三領域に関わる概説的講義を施します。
  2. (2)日本語による高度で精確なコミュニケーション能力を体得するため、1、2年次に日本語表現力を高める授業を配当し、かつ、アクティブ・ラーニングの観点からプレゼンテーション実践の機会を積極的に設定します。
  3. (3)3、4年次における専門演習を中心に、専門領域の諸問題について論理的思考に基づく成果発表の機会を設定し、主体的に問題を発見し、解決する能力を育成します。
  4. (4)各授業におけるプレゼンテーションに相互批評を導入し、ルーブリック評価等の明確な基準を設定することで、自己と他者への理解を深め、相互に高め合う教育環境を実現します。
  5. (5)専門演習や教職教育、日本語教員プログラム、博物館学芸員課程において、フィールドワークや実地見学を積極的に取り入れ、体験・経験を通じての学びの機会を提供します。

学修成果の評価方法

  1. (1)講義科目においては、定期試験の基本的な重要性を踏まえつつ、中間テスト等の小テスト、課題レポート、コメントペーパー等をも実施し、学習成果に対して多面的に評価します。
  2. (2)演習科目においては、ICTの活用等を通じて他者にわかりやすく伝えるためのプレゼンテーション、それに応じての相互批評的ディスカッション、あるいはワークシートを用いたグループワーク、成果をまとめたレポート作成等、多様な実践に対して総合的に評価します。
  3. (3)教職教育、日本語教員プログラムにおいては、専門知識の修得をテスト等で評価するとともに、専門知識を的確にアウトプットできるかどうかを模擬授業の実践において評価することを重視します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

日本学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような能力・資質、目的意識をもった人物を求めます。

  1. (1)中学高校教育課程における「国語」、あるいは高校教育課程における「書道」「地歴」等の科目に深い興味・関心を持ち、日本について知り、日本語の表現を活用して情報を発信する能力を身につけることを希望する人物
  2. (2)日本についての知識教養を活かして自らが発見した課題に進んで向き合い、じっくりと考察を重ね、さらにはその結果を明晰に表現することに取り組む意志を持つ人物
  3. (3)将来、中学高校「国語」、高校「書道」「地歴」の教員を目指す者、外国人に日本語を教授する日本語教員を目指す者、博物館学芸員資格を取得し、その知見を活かした職業を目指す人物
  4. (4)将来、一般企業等に就職し、日本についての幅広い知識と豊かな日本語表現力を活かして活躍することを目指す人物