教育研究上の目的・3つのポリシー等

四天王寺大学


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学では、建学の精神(本学の使命)、学園訓(本学の教育目的)に基づいて教育目標が次のように示されており、これを目指すべき人材像としています。

  • ○自らの善さを社会の中で活かすことができる。
  • ○自ら課題を発見し、善さの実現に向かって協同して取り組むことができる。
  • ○自らを振り返り、思慮深く学び直すことができる。
  • ○自らを超えた生命の存在と繋がりに気づき、畏敬できる。

この教育目標に基づき、具体的には次の4つの観点から総合的に卒業認定・学位授与の判断を行います。

  1. (1)建学の精神に根ざした人格形成
    建学の精神である聖徳太子の仏教精神を理解し、グローバルな視野も備えた、調和ある社会の実現に貢献しようとする人格が培われている。
  2. (2)総合的な教養の修得
    大学での学修及び広く社会生活、職業生活等において必要な知識・技能をはじめとした教養を総合的に修得している。
  3. (3)高い専門性の獲得
    各学部・学科・専攻の学問分野における基本的な知識・技能を体系的に身につけるとともに、それを様々な事象と関連づけて理解している。
  4. (4)課題解決能力の修得
    自ら課題を発見、設定し、これまでに獲得した知識・技能、新たな情報等を活用することを通じて、また他者と協同しながら、その課題を解決できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

卒業認定・学位授与の方針に掲げる資質・能力、知識・技能等の修得のために、学部共通に基礎教育科目、共通教育科目を、各学部において専門教育科目を、その他必要な科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に配置した科目を開講します。基礎教育科目、共通教育科目について具体的に以下に示します。なお、専門教育科目については学科・専攻ごとに定めています。

【基礎教育科目】

基礎教育科目は4つの科目で構成し、すべて必修科目とします。「仏教Ⅰ(瞑想)」では聞法(学習)と止観(瞑想)、「仏教Ⅱ(写経)」では写経と止観を行い、仏教に関する知識と考え方を学びます。「仏教概説」では、「仏教Ⅰ(瞑想)」、「仏教Ⅱ(写経)」の意義をより深く理解し、仏教に関する学識の基礎を固めるとともに、仏教的な情操の体得を図ります。「現代社会と人権」では、人間存在のかけがえのなさを理解し、現代社会における多様な人々との共生の重要性を学びます。
これらを通じて建学の精神である聖徳太子の仏教精神を理解し、共通教育科目、専門教育科目を学ぶ前提とし、調和ある社会の実現に貢献できる人格の形成を目指します。

【共通教育科目】

共通教育科目は9つの科目群から構成されます。学生は、学部・学科・専攻の枠を問わずこれらの科目を各自の関心・目標に応じて履修することにより、大学での学修及び現代社会において求められる総合的な知識・技能を修得します。

教育方法

  1. (1)学生の興味と探究心を引き出し、単に知識を提供するのではなく、学生自らに考えさせる教育を実施します。
  2. (2)アクティブ・ラーニングやICT等の活用を通じて学生が主体となる授業を行い、学生の自立性、協同性を培う教育を実践します。
  3. (3)学生の個性・特徴等に応じた対応を行います。

学修成果の評価方法

  1. (1)教育課程全体
    学生の就職率、各学部・学科・専攻の専門性を活かした領域への就業率及び進学率、所定の教育課程における免許・資格の取得状況、卒業要件の達成状況、卒業時の学生の意識調査等から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を評価します。
  2. (2)各科目
    シラバスで明示した到達目標に基づく評価、学生の学修の結果やプロセス等に対する多面的・段階的な評価のほか、学生による授業評価アンケートの結果等も参考にして、科目ごとの学修成果の達成状況を評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

卒業認定・学位授与の方針に掲げる資質・能力、知識・技能等を修得した人材を育成するために、具体的に次のような人物を求めます。

  1. (1)聖徳太子の仏教精神に根ざした人格的素養を身につけることを望む人物
  2. (2)高等学校等までの基礎学力を有している人物
  3. (3)主体的に学び、自ら課題を発見、探究しようとする意欲にあふれる人物

このような人物を適正に選抜するために、多様な選抜方法を実施します。