教育研究上の目的・3つのポリシー等

教育研究上の目的

学科・専攻・コース等ごとに、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的を学則に定めている。

  ・大学学則(第2条の2)  ・短大学則(第2条の2)  ・大学院学則(第7条)

  ・大学教育研究上の目的  ・短大教育研究上の目的  ・大学院教育研究上の目的


卒業認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本学の教育使命、養成すべき人物像、そのために求められる教育の基本姿勢を受けて、各学科・専攻・コースが定めている方針。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

本学の教育課程は、「基礎教育科目」「共通教育科目」「専門教育科目」の3つの科目群を柱とし、それに「教職に関する科目」「司書教諭の講習に関する科目」を加えて構成している。「専門教育科目」の実施方針は、各学科・専攻・コースが定めている。

入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

わが国および国際社会の現実と課題を見極め、その解決に挑戦するために必要な専門的知識技能を学ぶとともに、聖徳太子の仏教精神の見地により、自己の欲望の本質を見つめ、これを自己統制し、他者とともに社会貢献できる人格的素養を身につけようと望む人物を求め、各学科・専攻・コースの精神に応じて定めている。

各学科・専攻の「3つのポリシー」は下のリンクよりご覧いただけます。

大学

四天王寺大学の3つのポリシー 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
人文社会学部
日本学科 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
国際キャリア学科 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
社会学科 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
人間福祉学科 健康福祉専攻 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
教育学部 教育学科 
教育学科 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
小学校教育コース
(平成30年度以前は小学校・幼児教育コース)
平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
幼児教育保育コース 平成31年度以降入学生
中高英語教育コース
(平成30年度以前は中学校英語・小学校コース)
平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
保健教育コース 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
経営学部
経営学科 公共経営専攻 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
経営学科 企業経営専攻 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
看護学部
看護学科 平成31年度以降入学生

短期大学部

短期大学部の3つのポリシー 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
保育科 平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻
平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生
生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻
平成31年度以降入学生 平成30年度以前入学生

大学院

人文社会学研究科人間福祉学専攻 詳細



学修成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)

 本学では、カリキュラム・ポリシーの学修成果の評価方法に掲げる方法に則り、大学全体、学部・学科、専攻等(カリキュラム、科目、学生)の各レベルでアセスメント・ポリシーを定めます。これにより、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの「三つの方針」に基づき学生の学修成果を評価するとともに教育の質保証とさらなる改善に取り組みます。
 なお、このアセスメント・ポリシーをもちいて評価を行う前提として、学生は、各セメスターの所定の時期に学修ポートフォリオに記入するとともに、担任教員との振り返りを通して「三つの方針」の自身の達成状況と課題について省察を行います。

各学科・専攻の「アセスメント・ポリシー」は下のリンクよりご覧いただけます。

大学

四天王寺大学のアセスメント・ポリシー 平成31年度以降入学生
人文社会学部
日本学科 平成31年度以降入学生
国際キャリア学科 平成31年度以降入学生
社会学科 平成31年度以降入学生
人間福祉学科 健康福祉専攻 平成31年度以降入学生
教育学部
教育学科 平成31年度以降入学生
経営学部
経営学科 公共経営専攻 平成31年度以降入学生
経営学科 企業経営専攻 平成31年度以降入学生
看護学部
看護学科 平成31年度以降入学生

短期大学部

短期大学部のアセスメント・ポリシー 平成31年度以降入学生
保育科 平成31年度以降入学生
生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻
平成31年度以降入学生
生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻
平成31年度以降入学生