不正行為防止の取組について

四天王寺大学では、これまで防止計画推進部署(総務課庶務係)の策定する「公的研究費の不正防止計画」に沿って、競争的資金や補助金による研究費を中心に不正防止対策を行ってきました。
文部科学省は、度重なる研究費の不正使用や研究における不正行為に対して「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日決定、平成26年2月18日改正)および「研究活動における不正行為の対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日決定)により、各大学により一層厳しい研究費の管理を求めており、これを受けて本学は、不正行為防止の取組を強化することとしました。
研究費の源泉は、学生からの納付金、国・地方公共団体等からの補助金、財団からの助成金によって支えられていることを踏まえ、本学では、社会に対する大学の責任を果たすため、研究活動にかかる不正行為の防止と研究費の適正な管理に努めていきます。


公益通報に関する通報の受付窓口

本学では、「公益通報者保護法」を踏まえ、「公益通報に関する規程」を定め公表するとともに、通報および相談の受付窓口を設置しております。

通報および相談窓口

通報窓口・相談窓口

〒583-8501  羽曳野市学園前3丁目2−1

  • 【事務局 総務課総務係】
    • 電話番号 : 072−956−9913(直通)
    • FAX番号 : 072−956−9940(直通)
    • E-mail : soumu@shitennoji.ac.jp

受付時間

  • 【電話・面談】平日9:00〜17:00(11:35~12:25を除く)
  • 【FAX・E-mail】24時間対応

通報等に関するご注意

(1)対象となる通報および相談
本学の業務に関し、法令もしくは本学諸規則等に違反する行為またはその恐れがある行為が現に生じ、またはまさに生じようとしている場合が対象となります。
(2)通報および相談の方法等
通報および相談は、書面、電話、FAX、電子メール、面談などにより受け付けますが、原則として顕名による通報とします。また、通報は客観的で合理的根拠に基づく通報とします。
なお、調査の結果、悪意に基づく通報であったと判明した場合には、氏名の公表、懲戒処分、その他措置を執ることがあります。
(3)通報者および相談者の協力
当該事案について調査を行うにあたって、通報者および相談者に対して協力を求める場合があります。

学内規程等・関連ウェブサイト


研究活動上の不正行為に関する告発の受付窓口

本学では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日 文部科学大臣決定)、
「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月 文部科学大臣決定 平成26年2月18日改正)などを踏まえ、 「研究活動の不正行為防止規程」を改正し公表するとともに、告発の受付窓口を設置しております。

告発の受付窓口

〒583-8501  羽曳野市学園前3丁目2−1

  • 【事務局 総務課総務係】
    • 電話番号 : 072−956−9913(直通)
    • FAX番号 : 072−956−9940(直通)
    • E-mail : soumu@shitennoji.ac.jp

受付時間

  • 【電話・面談】平日9:00〜17:00(11:35~12:25を除く) 
  • 【FAX・E-mail】24時間対応

告発に関するご注意

(1)対象となる不正行為
研究活動上の不正行為は、「捏造」、「改ざん」、「盗用」及び「研究費の不正使用」が対象となります。
(2)告発の方法等
告発は、書面、電話、FAX、電子メール、面談などにより受け付けますが、原則として顕名による告発とします。また、不正行為を行ったとする研究者又はグループ、不正行為の様態等の告発内容を明示し、かつ不正とする科学的合理的理由(研究費の不正使用の場合は、不正とする合理的理由)を示していただくこととなります。
なお、調査の結果、悪意に基づく告発であったと判明した場合には、氏名の公表、懲戒処分、その他措置を執ることがあります。
(3)告発者の協力
当該告発事案について調査を行うにあたって、告発者に対して協力を求める場合があります。

学内規程等

公的研究費の運営・管理に関わる者の責任と権限の公表等

本学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月 文部科学大臣決定
平成26年2月18日改正)に基づき、本学における公的研究費の適正な運営・管理体制について、次のとおり定めました。

学内規程等

責任体制の明確化

本学の責任体制は次のとおりです。

最高管理責任者

職   名 学校法人 四天王寺学園 常務理事
責任と権限 機関全体を統括し、競争的資金等の運営・管理について最終責任を負う。

統括管理責任者

職   名 学 長(研究関係)
事務局長(財務関係)
責任と権限 最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限をもつ。

コンプライアンス推進責任者

職   名 学 長
責任と権限 公的研究費の運営・管理および不正防止について実質的な責任と権限をもち最高管理責任者へ具体的な対策の実施および実施状況を報告し、コンプライアンス教育の統括責任を負う。

コンプライアンス推進副責任者

職   名 事務局長
責任と権限 コンプライアンス推進責任者を補佐し、かつ公的研究費の運営・管理についての実施および実施状況をコンプライアンス推進責任者へ報告し、すべての構成員にコンプライアンス教育を実施し、受講状況の管理監督の責任を負う。

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

・ルールの明確化・統一化
 
・職務権限の明確化
適正な運営・管理を行うために、規定化しているルール(規程、取扱要領、不正防止計画等)を踏まえ、説明会等により周知しています。
・関係者の意識向上
公的研究費の運営・管理に関わる構成員(教職員)は、コンプライアンス教育を受講することとしています。
受講時には誓約書の提出を必須としています。

不正防止計画の策定・実施

・関係者の意識向上
本学の研究に関する行動規範として、「研究論理規程」、「行動規範」を定めています。
・調査に関する規程の整備および運用の明確化
不正使用に係る調査に関する規程等の整備

研究費の適正な運営・管理活動

科研費の採択を受けた研究者や事務担当者への説明会を開催し、公的研究費の使用に関する行動規範、各種ルールの周知を実施しています。また、公的資金による物品発注は原則、本学の事務担当部署が行っています。

情報発信・共有化の推進

事務処理手続きに関する相談窓口の設置
総務課庶務係が事務処理手続きに関する相談窓口であり、公的研究費を一元的に管理しています。

総務課庶務係
申請・採択・実績報告などの書類提出および事務全般に関すること
総務課総務係
内部監査に関すること
経理課
経費の執行に係る書類提出に関すること
管財課
物品購入に係る申請書類提出および納品検査に関すること
図書館課
図書等の資料購入に係る申請書類提出および納品検査に関すること
人事課
出張・謝金に係る書類提出に関すること

モニタリングの在り方

本学の防止計画推進部署(総務課庶務係)は不正防止計画に基づき、実効性のあるモニタリングを実施し、関連部署間で情報を共有することにより、不正防止の推進を図ります。

研究倫理教育(コンプライアンス教育)について

文部科学省は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日決定、平成26年2月18日改正)によりコンプライアンス教育の受講と受講管理を義務付けました。
本学では、公的研究費の不正使用を事前に防止するため、研究に関わる教職員に、平成26年度、外部講師を招いてコンプライアンス教育を実施しました。


また、文部科学省は、「研究活動における不正行為の対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日決定)により研究倫理教育の実施を義務付けました。
本学では不正使用等防止および適正な執行を図るために、平成27年度より研究倫理教育(CITI Japan e-ラーニング教材使用)を実施しております。



学内規程等