一覧を見る

2017/9/21

2.5次元舞台・フィールドワーク~文化社...

2017/9/12

[お知らせ]秋分の日に、曽野洋教授が出演...

2017/8/28

社会学科、8月オープンキャンパスも盛況で...

2017/8/4

2017年8月の四天王寺大学オープンキャ...

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

現代社会で求められる多様な知識と
考え方を身につけて深堀りできます。

一人ひとりが自分の興味を探り、学ぶことを見つけ出す。
それを教員がサポートすることで学びとして高めていきます。
各自の関心や進路に応じて科目を選べる自由度の高いカリキュラムを展開しています。

point02

少人数制で先生との距離が近いので
実践的な力がつきます。

1年次から4年次まで、少人数で行う演習科目があり、入門レベルから
専門領域までステップアップできます。ゼミ仲間と発表や報告、討論を繰り返すことで、
コミュニケーションやプレゼンテーションのスキルを高めることができます。

point03

学びの主人公はあなた。4つのコースから
関心に合わせて自由に選んで学べます。

現代社会を幅広く学ぶ「人間・社会」、地域社会、国際関係、環境問題などを探究する「地域・環境」、人と人とのつながりから文化を考える「メディア・カルチャー」、心のしくみや行動の原理を学ぶ「心理」といったコースから幅広い知識と考え方を学び、興味を深めます。

学びの領域 4つのコースで多角的な学びを展開

なりたいキミを見つけよう!

こんなキミにおすすめ

  • 社会問題の背後にある社会のしくみや
    構造を知り、解決のために働きたい。
  • 常識や枠組みにとらわれず、多角的に
    考え、表現できるようになりたい。
  • 心理学やコミュニケーションを学ぶことで、豊かな人間関係を構築していきたい。
  • 愛着のある地域を活性化するため、
    多様なアイデアについて学びたい。

取得できる免許・資格

中学校教諭一種免許状(社会) 高等学校教諭一種免許状(公民) 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格 学校図書館司書教諭 社会調査士 認定心理士 博物館学芸員

卒業後めざせる職種

流通(小売・卸売)業界/各種メーカー/金融(銀行・保険等)業界/不動産・建築/旅行・運輸・通信業界等の一般企業/マスコミ(新聞・放送・出版)/中学校教諭(社会)/高等学校教諭(公民)/警察官/消防官/公務員 など

PICKUP CONTENTS

4年間の学び

 4年間の学び
内定獲得

「努力は報われる」ことを、
社会に出ても実証したい。

1年次から就職を意識し、実務で役立つPC検定や医療秘書検定、簿記能力検定などの資格を取得しました。大学で学んだ心理学の知識を、これからの接客や人間関係に役立てていきたいです。

自分を知ることが他人を知ることだと知りました。 4年間で身につけた力と経験は、必ず社会で活かします!
大堀 愛香さん 社会学科の魅力は好きなことを極められること!
1年次

高校時代から興味のあった
心理学を深めようと計画しました!

社会学をベースとしながら、高校時代から興味があった心理学を学ぶため、社会現象や人格心理学などの授業をたくさん受講しました。

2年次

幅広い分野を同時に学ぶことで、
さまざまな角度から心理学を理解!

1年間に10回のレポート提出がある授業もあり、予習復習に追われました。でも、そのおかげで心理学独特のレポートの書き方や統計の取り方などを学びました。

3年次

関心のあるテーマをゼミで追求し、
最終的に卒業論文としてまとめました!

「接触頻度が高くなるほど、その人に興味を示す」という学説に対しての疑問を卒論のテーマに。一方的な好意の深層心理は?人格は?難しいテーマに挑みました。

4年次

私の未来を決めたのは、
キャリアセンターからの情報でした!

競争率が高かった内定先。キャリアセンターの方が求人情報が届いたその日に教えてくれたり、親身になって相談にも応じてくれました。おかげで自信をもって就職活動に臨めました。

夢を叶えた
先輩からのメッセージ。

OB & OG Message夢を叶えた先輩からのメッセージ。

阪急電鉄株式会社 勤務

人文社会学部 社会学科 卒業 佐藤 克彦さん
改札で挨拶してくださる方もいて、
「がんばろう」と気合いが入ります。

阪急京都線の上新庄駅で駅員として勤務。ご利用のお客さまのご職業や年齢層は幅広く、沿線案内や車椅子ご利用のお客さまの介助など、どなたにも安心してご利用いただけることを心がけています。今では顔を覚えていただき、改札を通る時に挨拶してくださる方や「いつもありがとう」と差し入れをくださる方も。「今日もがんばろう」と気合いが入りますね。緊急時でも慌てずに、構内放送でこまめに情報を発信し、まず安心してもらえることを第一に考えられるようになりました。鉄道会社で働きたいと思った時から他社比較を行い、積極的にセミナーにも参加しました。面接練習など、非常に丁寧にアドバイスしていただき、先生方にはほんとうに感謝しています。

和歌山県 日高町役場 勤務

人文社会学部 社会学科 卒業 稲葉 裕一さん
住民の皆さんからいただく
「ありがとう」の声にやりがいを感じます。

卒業後は地元に戻り、日高町役場で働いています。所属する上下水道課は、水道事業や浄水施設の管理などを担当。生活に欠かせない安全で良質な水を、日高町で暮らす8,000人の住民の皆さんに届けられるよう、6人体制で365日浄水施設を管理しています。また、老朽化した水道管を新しいものに交換するなど日々の点検も大切です。生活基盤に関わる仕事なので責任は重大ですが、住民の皆さんからいただく「ありがとう」の声にやりがいを感じます。知識と経験が必要とされる専門職で、その第一歩として水道技術管理者の資格を取得しました。大学在学中、やり遂げる大切さを教えてくれた学科での学びや学生運営委員会での経験が、社会に出ても励みになっています。

topics!

ドキュメンタリー映画を題材に、
映像から多様なものの見方を学ぶ

高校までと違い、大学で勉強する内容の多くは決まったひとつの正解があるわけではありません。結論を出すにはまだ十分な証拠がないという場合もあれば、複数の主張それぞれに正しい側面があり、そのひとつだけを絶対的に正しいとするのが難しい場合もあるからです。1年次の演習科目では、多様な立場の錯綜を描いたドキュメンタリー映画なども題材としてとりあげます。さまざまな立場の考え方を学び、そこから社会問題についての自分なりの意見をまとめていきます。

大学基礎演習Ⅰ

泡まみれになって観察してみよう!
「泡フェス」フィールドワーク

自分の好きなこと以外は、よく知らないもの。あいまいなイメージで考えるより「百聞は一見に如かず」です。「現場」に足を運んで観察することも社会学のひとつの研究方法。そこで、万博記念公園で開催された「泡フェス2016」に参加。このようなイベントでは観客はどんな時に盛り上がるのか、他のイベントの観客とはどう違うのか。主催者にインタビューする機会にも恵まれ、「フィールドワーク」で気づくことがたくさんありました。

文化社会学ゼミ