IBUのおもしろ授業

保育科

体を動かす楽しさを伝えたい!指導のポイントを全身で学べる。

小児体育Ⅰ

授業の概要

運動は最高のコミュニケーションツール。
この授業では、そんな運動の支援方法や楽しさを伝える方法を、体験を通して全身で学びます。

ひと口に運動といっても、その種類や行う人の年齢や状況はさまざま。
授業では、幼児を中心に高齢者、障害のある方を想定して、ボール、フープ、なわ、パラバルーンなど数多くの運動遊びやレクリエーション・スポーツを疑似体験します。

すると、ここが難しかった、こうしたら上手にできるな、など、運動する側の目線に立って支援のポイントを押さえることができます。

その内容を集約したレポートは、将来の自分にとっての貴重な資料です。
体を動かしていると時間はあっという間。ストレス発散や運動不足解消にもなるおすすめの授業です。

フォトギャラリー

※写真をクリックすると拡大されます。