IBUのおもしろ授業

教育学部 小学校・幼児保育コース

生活の中の「?」を実験で検証!科学のおもしろさを伝えよう。

理科

授業の概要

備長炭が電池になるって本当? アンモニアで3色の噴水がつくれるの? こんな生活に関する不思議を、身の周りのものを使った実験で楽しく検証!

授業では、まず個人で、次にグループで実験の結果を予測します。その後個別に行う実験本番は、みんな真剣そのもの。

さらにその結果をICTやホワイトボードを活用しながらグループで発表することで、コミュニケーション能力を高めます。

これらの目的は、将来、保育や教育の現場で、子どもたちに身近なものや現象に興味を持ってもらい、それを探究する楽しさを伝えること。

こんなに手軽な材料で実験してみせたら、きっと子どもたちの興味は最高潮に! 理科が大好きになるでしょう。


一人で実験する達成感!
みんなで考え、わかる喜び!
自分で説明できる幸せ!

フォトギャラリー

※写真をクリックすると拡大されます。