IBUのおもしろ授業

人文社会学部 日本学科

隠された物語のカギに気づけるかも。新しい映像の楽しみ方を発見!

映像文化論

授業の概要

普段何気なく見ている映画やアニメ。
実は、そのカットやコマ一つひとつには見る人が物語を楽しむための工夫がいっぱいされているんです。

この授業を受ければ、そんな工夫がしっかりわかって、より映画やアニメを楽しめます。

特徴的な学びは、映像を見て、それについての絵コンテを描くこと。カットと演出の仕組みを把握するためにほぼ毎回の授業で行っている、独自のトレーニングです。

このカットにはこんな意味があったんだ、この撮影技法は物語にこんな効果をもたらすのか、など新しい発見もたくさん。学生からは「これまでと違う視点で映像を見られるようになった」「映像作家の特徴をより捉えることができるようになった」などの反響が寄せられています。

フォトギャラリー

※写真をクリックすると拡大されます。