いろいろな考えを持つ人たちと出会えるのも
日本学科の魅力だと思います。

生徒の将来に大きな影響を与える先生になりたいと思い、四天王寺大学に入学しました。日本学科では教員や学芸員、一般企業をめざす学生が集まるため、学びの幅が広く、学科の仲間にはさまざまな考えを持った学生がいます。仲間と交流することによって自分の興味があること以外の分野も知ることができるため、とてもいい刺激になります。授業では、教員の薦めた本を読み、感想を発表する場もあります。そこでは人がどう思っているかを知るよい機会にもなり、人前に立つ時の心構えもできるので、模擬授業の場などでは、とても役に立ったと思います。これからもどんどんスキルを学んで、教える力をしっかりと身につけたいと思います。

西 龍哉さん
人文社会学部 日本学科 3年生
奈良県立西の京高等学校 出身

一覧を見る

2018/11/14

「国語」教員採用試験の結果をご報告!

2018/11/8

博物館での実習を行いました

2018/11/1

50分間の「国語」の模擬授業が始まりまし...

2018/10/23

四天王寺ツアープロジェクト始動!

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

3つのコースで「むかし」と「いま」の日本を
自由に学べます。

古典から近現代文学までの日本文学や日本語学を学ぶ「日本語・日本文学コース」、伝統的な日本の文化や歴史、観光について学ぶ「文化・歴史・観光コース」、アニメやJ-POPなどの現代日本の文化を学ぶ「現代文化コース」のどれかをじっくり深く、あるいは自由に横断して、キミが知りたい「日本」を学べます。

point02

日本を、世界へ発信できる
コミュニケーション能力が身につきます。

大学生としての「読む」「書く」「聞く」「話す」力をしっかりと育て、考えや意見を精確に伝える力を身につけます。常に変化し続ける日本と世界を客観的に、かつ柔軟な思考を持って見極める姿勢と、「むかし」と「いま」の日本について、国内外に発信できる発言力を育てます。

point03

日本と「国語」のプロフェッショナルを
めざせ!!
教員や表現力、企画力を活かした
仕事で活躍しよう。

中学・高校の「国語」、高校の「書道」の教員として活躍する先輩たちを育てた実績があります。表現力と企画力を活かして、出版、広告、マスコミ関係、観光関係への就職もめざせる力を修得できます。

学びの領域

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許・資格

中学校教諭一種免許状(国語) 高等学校教諭一種免許状(国語)(書道) 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格 学校図書館司書教諭 博物館学芸員 日本語教員養成プログラム修了証明書
(本学認定)

【取得をめざせる資格】
国内旅行業務取扱管理者

卒業後めざせる職種

中学校教諭(国語)/高等学校教諭(国語・書道)/日本語教員/学芸員/国内旅行業務取扱管理者/ツアーコンダクター(旅程管理主任者)/コピーライター/出版・雑誌編集者/雑誌記者・新聞記者/国家公務員・地方公務員/営業・企画スタッフ/秘書/放送ディレクター/広告プランナー/一般事務・営業職 など

PICKUP CONTENTS


1年生フレッシュ対談

1年生フレッシュ対談

一つひとつの学びが、将来の夢に繋がっています!




 日本学科の魅力は
何ですか?

奧野さん:日本文化はもちろん、アニメなどのサブカルチャーもたくさん学べるところですね。心理学など、学科の名前にとらわれずに幅広い分野が学べるのが日本学科のいいところだと思います。それでいろいろな発見もあるし、視野が広がります。
竹田さん:私は日本語の表現、言葉についてしっかり学べるところに魅力を感じています。あとは、履歴書の書き方や自己アピールなど、就職に役立つこともきちんと教えてくれるところです。発表の機会も多いので、度胸やきちんとした話し方がしっかり身につきます。

 特に面白いと思った
授業は何ですか?

小川さん:日本文学史です。元々古典が好きなので、自分の興味のあることに直結していておもしろかったです。『竹取物語』などの古典文学を掘り下げる授業なんですけど、時代背景や、どういう神様がいるのかなどを深く知ることができました。
久保田さん:地域活性化概論が楽しいです。その地域について学んで、どうやったら地域が活性化するのかをみんなで考えて発表するんです。どうやったら外国人観光客を増やせるのか、真剣に考えるのがおもしろかったです。羽曳野なら古墳などを活用して観光資源にできないかなって話し合いました。

今後の大学生活を
どのように過ごしたいですか?

小川さん:「読み解く力」「聞く力」をしっかり学んでいきたいと思います。将来、包容力のある先生になりたいと思っているので、生徒のことをきちんと理解し、生徒に頼られるような力をしっかりと身につけていきたいと思います。
奧野さん:私は、言葉にもっと感情を乗せられるように頑張りたいです。話し方に強弱をつけることが苦手で、感情がこもっていないとよく言われます。将来先生になった時に、分かりやすく生徒に伝えられるようになりたいと思います。
久保田さん:観光業界に就職したいと考えているので、4年間で観光系の授業をたくさん受けたいです。みんなと意見交換をする場もあるので、いろいろな考えを聞くほか、話し方や敬語の使い方などをしっかり学んで、将来に繋げていきたいです。
竹田さん:気になったものはすべて手を出して、視野を広げていきたいです。そして「思いをきちんと伝えられる人」になりたいので、大学での学びの中で、たくさん発言していきたいです。


夢を叶えた先輩たち

OB & OG Message

サンコーインダストリー株式会社 勤務

人文社会学部 日本学科 卒業
大阪府 大阪体育大学浪商高等学校 出身
瀬戸山 友希志さん
商品の熟知と的確な提案力で
お客様の役に立てるように
成長していきたいです。

60年以上の歴史を持つ「ねじ」の商社に営業職として入社しました。精密機器から建築にいたるまで、「ねじ」はものづくりに欠かすことができない重要な部品。90万アイテムの商品を熟知するプロフェッショナルでいなければならないと考えています。現在は、先輩社員の教えを受けながらオペレータ業務の面で営業をサポートしています。在学中、日本の歴史や文化を通して、物事を多角的に考える力やプレゼン力を修得。また、学生運営委員会で大学のイベント行事に積極的に携わることができ、仲間とともにプロジェクトを起こすために必要な協調性も身につきました。大学時代で培われたスキルやコミュニケーション力は、今の私の仕事に生きています。今後は、お客さまの信頼をいただける専門商社のベテラン営業マンをめざし成長していきたいです。

奈良県内 公立中学校 勤務

人文社会学部 日本学科 卒業
大阪府 東大阪大学敬愛高等学校 出身
岡本 さくらさん
生徒たちが、国語が好き!と
感じられる授業をめざしています。

私は中学校で国語教諭として1年生を担当しています。生徒たちが授業に集中できるよう、板書だけでなく、パワーポイントやテレビなどを使用し、メリハリのある授業進行をめざしています。授業を進めていく中で、大学で学んだ「板書法」という学びが特に役立っています。綺麗な文字の書き方やチョークの配色など、生徒に分かりやすく伝えるためにとても重要な点です。また、クラスによって授業の進み具合も違うので、スケジュール管理も大切な仕事の一つ。先生という職業は教える以外にも色々と考えなければいけないことが多く、悩むこともありますが、生徒たちに寄り添って、一緒に成長していきたいと考えています。国語が面白い、もっと学びたいと生徒一人ひとりに感じてもらえるように努力していきたいと思います。