人文社会学部 社会学科 -最新情報-

JICAシンポジウムに参加しました

 JICA「モンゴル国障害児のための教育改善プロジェクト」研修「障害のある子どもの発達支援・インクルーシブな環境での学び」に参加しました

  社会学科には、学修や生活場面におけるさまざまなサポートを必要とする障害学生が数多く在籍しています。
今回は、JICA(国際協力機構)からの要請により、脳性まひの当事者学生である一回生の前田蓮さんが、モンゴル国より来日中の障害児教育関係者を対象とする研修を行いました。
 当日は、前田さんが大学に入学してからの生活や、具体的生活場面での楽しさや困難などについてエピソードを交えながら講演したほか、ボランティアとして前田さんの修学サポートに就いている「ピア・サポーター」の学生による体験談、社会学科教員による支援状況の概説などが行われました。
  2016年に障害者差別解消法が制定されたこともあり、社会学科や四天王寺大学だけでなく、今後、高等教育機関には数多くの障害当事者学生が入学してくることでしょう社会学科では、障害学生支援のあり方をグローバルな規模で考える機会を、今後も継続して作っていきたいと思います。

社会学科の学びについてはコチラ

社会学科の教員情報についてはコチラ

一覧に戻る
学科に戻る