人文社会学部 社会学科 -最新情報-

三回生ゼミにて、セクシュアル・マイノリティに関するゲスト講義を行いました!

8月3日(金)、平井秀幸先生の演習科目である三回生向けの「演習Ⅰ」において、学生たちによる調査報告とともに、ゲストとしてトランスジェンダー当事者の方を招き、ゲスト講義を実施しました。

みなさんは、「LGBT」や「セクシュアル・マイノリティ」といった言葉を聞いたことはありませんか?最近では、国会議員がLGBTの方々に対して「生産性がない」といった差別的発言を行ったことで激しい社会的・国際的非難を浴びました。大きくニュースでも取り上げられましたから、この言葉やセクシュアル・マイノリティの問題に関心を持った人も少なくないかもしれません。

「男は男らしく、女は女らしく」や「男性(女性)は女性(男性)に恋愛感情を抱くもの」といった、性自認や性志向をめぐる「常識」に違和感や生きづらさを抱く人がいます。こうした人たちは全体から見れば少数派(マイノリティ)であり、同時に上記の国会議員の発言に見られるように深刻な差別の被害者となり得るために、「セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)」と呼ばれています。LGBTは、レズビアン/ゲイ/バイセクシャル/トランスジェンダーを総称したものであり、セクシュアル・マイノリティの一部に含まれます。

ゲスト講義では、実際にセクシュアル・マイノリティの当事者の方にお越しいただき、LGBTの意味をはじめとするセクシュアル・マイノリティに関する基礎的知識を講義してもらった後で、実際に自らのこれまでの体験について語ってもらいました。自分の性別に関する違和感のはじまりや、身近な人へのカミングアウト、服装についての悩み、就職活動時の困難など、当事者ならではの貴重な話を聴くことができました。

 

ところで、このニュースを読んでいるあなたが、自分のことを「男性(女性)」だと感じており、「男性(女性)らしい」振る舞いや服装をするのが当たり前だと思っており、異性に対して恋愛感情や性的興奮を覚えるとしても、それはなぜでしょうか。「当たり前じゃないか」「それが自然だ」と思われかもしれませんが、それでは答えになっていません。セクシュアル・マイノリティの問題を考える際には、このように性をめぐる自らの常識を問い直す視線が求められます。異性愛や性別役割分業を「当たり前」や「自然」とみなす考え方は、どのように歴史的に成立し、現在、どのような点から問い直されているのでしょうか。

社会学科では、セクシュアル・マイノリティをはじめとするさまざまなトピックを手がかりに、社会問題をめぐる「常識」に切り込んでいきます。上記の国会議員のように自分の「常識」を振りかざして自分と異なる他者を攻撃したり差別したりするのではなく、多様な人々から成る社会を豊かなものとして受けとめることができるような歴史的・国際的教養を身につけたい人は、ぜひ社会学科への進学を検討してみてください。

社会学科の学びについてはコチラ

社会学科の教員情報についてはコチラ

一覧に戻る
学科に戻る