人文社会学部 社会学科 -最新情報-

「社会病理学」にて、現役刑務官によるゲスト講義を行いました!

6月26日(火)、平井秀幸先生の講義科目である「社会病理学」のゲストとして現役の刑務官の方々におこしいただき、ゲスト講義を実施しました。

刑務官は、刑務所等で勤務する矯正職員であり、最近社会学科の学生たちのあいだでも進路として人気が高まっている職業のひとつです。社会学科では、数年前から「公務員プロジェクト」を立ち上げ、特に公安系公務員(警察、消防、矯正職員など)をめざす学生たちをバックアップしています。今回のゲスト講義も、社会学科「公務員プロジェクト」を担う科目のひとつである「社会病理学」とキャリアセンターのコラボ企画として実施されました。

 

ゲストとして来てくださった現役刑務官の方々は、全員制服を着用され、現場の雰囲気を分かりやすい言葉で伝えてくださいました。また、自分たちがなぜ刑務官という職業を志したのか、体験談も交えてわかりやすく語ってくださいました。学生たちにとっても、自身の進路について考える良い機会となってようです。

 

社会学科では、「公務員プロジェクト」だけではなく、さまざまな進路をめざす学生のために、学科一丸となって応援体制を敷いています。キャリアセンターと連携しながら、今後も学生たちのよりよい未来のために頑張っていきます!

 

もし社会学科での取り組みに興味があるようでしたら、ぜひ7月・8月のオープンキャンパスに遊びに来てくださいね。

 

社会学科の学びについてはコチラ

社会学科の教員情報についてはコチラ

 7・8月のオープンキャンパスについてはコチラ

一覧に戻る
学科に戻る