人文社会学部 社会学科 -最新情報-

フィールドワーク演習 第2回スタディーツアーを実施しました

7月1日(土)、社会学科2回生向けの科目「フィールドワーク演習」で、国立民族学博物館に赴き、第2回目の野外実習を実施しました。

第1回スタディーツアーの様子はこちら

 

大阪府吹田市に所在する国立民族学博物館(みんぱく)は、1974年に創設された文化人類学・民族学に関する研究、教育機能をあわせ持つ世界最大級の博物館です。

 

一見、客観的に見える博物館の展示ですが、その展示は展示する側の興味・関心の方向性や価値観が反映されたものであり、その内実は歴史を通して変化してきたものでもあります。単に展示されたものを観察するだけでなく、展示の背後に存在する「異文化に向けられる視線のありよう」を反省的にとらえかえすこと、それが今回のスタディーツアーでの主たる課題でした。

フィールドワークは単に人々の行為や生活を観察するだけでなく、その観察を通して観察者である自分自身を知り、そのプロセスの中でより深い他者理解をめざそうとする一連の活動です。

授業とスタディーツアーを通して、感受性豊かな将来のフィールドワーカーが生まれることを期待しています。

 

★7月のオープンキャンパスについてはコチラ

★社会学科の学びについてはコチラ

一覧に戻る
学科に戻る