人文社会学部 日本学科 -最新情報-

留学生の「日本文化論」 [前編]

日本学科の1年生専門科目に「日本文化論」があります。この科目では、本学で学ぶ浙江工商大学(大学院を含む)からの留学生も、同じ教室で講義を受けます。そのため、授業時間内では、留学生とのグループワークなどの交流の機会も設けられています。学期末には、留学生活から、留学生たちが「日本文化」をどのように受け止めたのかについてのスピーチをしてもらいます。

本学に留学中の学生たちは、昨年9月に来日し、今年の2月末まで滞在予定でした。が、現状、帰国の目途が立たないままに本学での学修を続けています。いろいろと心配なことも多いと思いますが、留学期間中はしっかりと日本文化を学んでください。

学部生の留学生の「日本文化論」を聴く

今年は、午前のクラス、午後のクラスのそれぞれで2名ずつのスピーチを聴きました。午前のクラスは浙江工商大学の学部生、午後のクラスは大学院生にお願いしました。

午前のクラスのスピーカーは、浙江工商大学で日本語を学び始めてから2年ほどの2名ですが、しっかりと聴きとりやすい日本語で、自分たちの留学生活について語ってくれました

どのようなスピーチだったのか

二人のスピーチの主な内容をご紹介しますと、

日本学生とは表面的には親しくなれても、本当の友達にはなれないというもどかしさについて

なぜ、授業中、自分の意見をはっきりと主張したり、述べたりしないのかという不思議について

アルバイト先ではいろいろと決まり事が多く、自分の意見を述べる自由さがなく窮屈に感じたこと

しかし、日本の社会は障がい者に対する配慮が十分にあって、そうした状況に日本人の優しさを感じたこと

日本の高校バレーに対するあこがれと、実際の試合の場に出かけて感じた興奮と感動

日本の高齢者は、中国の高齢者に比べると若者からも話がしやすく、楽しい時間を過ごせたこと

日本の学生のインスタは、友人グループの絆や自分がそうしたグループと共に過ごしていることをアピールするような印象があることについて感じたこと

そうした日本の中でも、大阪はどちらかというと気さくで過ごしやすい場であったこと

などの自分自身の経験を踏まえて、留学生からみた日本について語ってくれるものでした。

学生たちの反応

 

学生たちも熱心に聞き入っていました。お二人のスピーチの後には、学生からの質問も受けてもらいました。

 

 

このクラスの学生たちのコメントを紹介しましょう。

日本で暮らす人間にとっては当たり前すぎて気が付かないことを指摘していました。

日本人学生は、「もっとしっかりと自分の意見を言えばいいのに」という指摘には、確かにそうだと思いました。

日本の人とは親しくなりにくいといわれ、ドキッとしました。私も、自分から人との距離を縮めようとあまりしないからです。しかし、それは、親しくなりたいからこそ慎重になっているとも言えます。

親しくない人には、本心からの言葉ではない虚礼ばかりの褒め言葉、という指摘は鋭いと思った。習慣として相手を褒めるということをよくしているが、それがどのように受け取られるのかを考えたことはなかったので。

「文化の壁を超えて本当の付き合いが出来るように」という留学生からの呼びかけを、受講生の皆さんはどのように受け止めましたか。

後編に続きます。

 

【関連リンク】

→日本学科の紹介はコチラ

 

一覧に戻る
学科に戻る