人文社会学部 日本学科 -最新情報-

授業紹介「古典Ⅰ(日本)」——国語教員を目指して模擬授業を行う1年生

1年生対象の授業「古典Ⅰ(日本)」を紹介します。この授業は、国語教員免許必修科目です。ですから、国語教員を目指すならば必ず受講しなければなりません。

授業の中心は、10分間のミニ模擬授業です。1年生が模擬授業をするのは大変ですが、あえて大変なことをやるねらいは、大きく三つあります。すなわち、

人前でわかりやすく説明する力をつける

人に教えることで深く古典を理解する

国語教員に適性を持っているかを確かめる

です。

受講者は、ミニ模擬授業の担当が決まると、準備に取り掛かります。その時にもっとも強い味方となるのが、ピアタです。ピアタとはピアサポートセンターの通称であり、ラーニング・コモンズ(こちらを参照)のひとつで、自主学習をサポートする場所です。ピアタには、自習用のスペースや模擬授業用の教室(通常黒板・電子黒板設置)が用意され、勉強しやすい空間になっています。さらに、ピア学生と呼ばれる上級生や、リメディアル(補習)を担当する先生がいて、様々なことについて懇切丁寧に指導してくれるのです。

ピアタで指導を受けている場面を写真で紹介しましょう。まずは、授業案を作成している写真です。ピア学生が一対一で相談に乗ってくれています。授業案が固まったら、リハーサルをすると良いでしょう。ピアタ内の模擬授業用教室は、リアルな雰囲気で練習ができ、本番での緊張も和らぎます。リハーサルをピア学生に見てもらうこともできます。ピア学生が、改善すべき点を優しくも鋭く指摘してくれています。

今年度の教材は、高校一年生を想定した『伊勢物語』『竹取物語』、高校二年生を想定した『紫式部日記』『大鏡』でした。教材の特徴、対象学年を考慮しながら、模擬授業の準備しました。

さて、いよいよ発表です。その写真を紹介します。リハーサルで十分に練習した甲斐があって、生徒の方を見ながらうまく説明できました。普通に板書するだけでなく、マグネットで短冊を張り付ける工夫をした発表者もいました。短冊は時間の節約になり、生徒の注意を引き付けることもできます。スクリーンに写真を映写した発表者もいました。平安時代の暮らしを説明するのに、写真を指しながら説明するのは良い方法ですね。

高校生役は他のクラスメートがしてくれます。模擬授業では、生徒にも考えさせるために適切なタイミングで発問しなければなりません。その時に元気に手を挙げて協力してくれるクラスメートは、心強い存在です。また必要に応じてグループワークも取り入れる場合もあります。やはり、クラスメートが快く協力して盛り上げてくれました。

以上、紹介したように、模擬授業を行うのは大変です。しかし、やりがいがあり、苦労しただけ力がつきます。学生たちは、このような授業を通して、中学高校の国語教員の夢を叶えるべく着実に歩んでいます。

 

【関連リンク】

→日本学科の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る