人文社会学部 日本学科 -最新情報-

教育実習報告会を実施しました

「国語」の教職志望者のほとんどは、4年生の5月から6月にかけて、母校の中学校や高等学校での教育実習に取り組みます。その準備のための授業が「教育実習指導(国語)」です。

実習前にはグループディスカッションを中心に、教育実習に取り組むために必要な準備や心構えについて話し合います。また、実際に実習中に扱う教材を用いて模擬授業をおこない、相互に批評しあい、具体的な改善策について受講者仲間で考えてもいきます。そうした準備を経て、今年度も6月末までに多くの学生たちが教育実習に取り組み、実習校の先生方や生徒さんたちの協力も得て無事終了しています。実習先での大きな学びを携えて、実習生たちは大学に帰ってきました。その成果を共有すべく、「教育実習指導(国語)」の授業では、それぞれの学びを共有し、互いの経験の中に落とし込んで、さらに学びを深めるべく、教育実習の報告会を実施しています。

 

実習でうまくいったこと、失敗したこと、やりがいとその反面の挫折感。学生たちは実習中の体験をいきいきと語り合います。そうして語られた個々の体験はワークシートに基づいて整理され、最終的にはグループ全体で「教育実習」での学びと意義について考え直すことになります。

 

今年度からの新しい取り組みとして、来年、教育実習に参加する3年生も、報告会に特別参加することにしました。4年生の報告を聞いて、来年度の教育実習への参加や教員採用試験の受験に向け、大いに刺激を受けたようです。

日本学科では、「国語」や「書道」の先生になりたいと願う学生を、学年の枠を越えて支援しています。冬学期には、キョーサイ合格こころえプロジェクトを通じて、また3年生・4年生の学び合いの機会を設けます。そのためにも、よい動機付けとなる取り組みでした。

一覧に戻る
学科に戻る