人文社会学部 日本学科 -最新情報-

日本学科をご卒業おめでとうございます!!

314日(水)、四天王寺大学では卒業式が挙行されました。卒業式に、少し緊張しながらも晴れやかな表情で、あるいは満面の笑顔で臨む学生たち。

振袖に袴という盛装の、ゼミで見慣れた姿とはまったく違った様子の学生や、ビシっと決まったスーツ姿に頼もしさを感じさせる学生たちが集い、普段とは違う独特の雰囲気に学内が充たされる卒業式の日は、穏やかなお天気にも恵まれ、素晴らしい一日となりました。

 

大学全体の卒業式のあとは、学科・コースごとに分かれての行事が執り行われました。日本学科の卒業生たちは・・・

まずは、卒業証書を一人一人受け取り、そして、学科の先生方からの「はなむけの言葉」をいただき、最後にゼミ仲間と盛り上がってから、学内卒業パーティー会場へと移動となりました。

 

講義や試験のために、何度も使った教室の慣れ親しんだ机といすに、学生として着席するのもこれが最後。4年間お世話になった日本学科の先生方からのお話を、学生として聴くのもこれが最後。

そう思うと、今まで過ごしてきた時間の貴重さに、今更ながら気がつきます。そのためか、先生方から最後に頂く言葉の重さを大切に受け止めるべく、いまだかつてないほど、真剣に静かに聴き入ってしまいました。

  

学科としての行事が無事終了すると、一転して教室は賑やかに。ゼミごとに記念写真を撮影したり、友達同士で晴れ姿を写真に収めたり、それぞれに盛り上がりつつも、三々五々、パーティー会場へと移動していきました。

 

日本学科の卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございました。

「日本」についてしっかり学び、「伝える力」をみがき、利他の心をもって人と協働することを学び続けた4年間の成果は、これからの社会人としてのみなさんの生活のゆるぎない基盤となることと思います。

自信をもって、新しい船出の日を迎えてください。

一覧に戻る
学科に戻る