人文社会学部 日本学科 -最新情報-

教育実習の報告会をしています

日本学科4年生の教職志望者は、5月から6月に実施される教育実習に取り組みます。大半が母校の中学校や高等学校に戻るのですが、在学していた頃とは大きく立場が異なります。実習生とはいえ、「先生」として母校の生徒たちに向き合うことになるのです。中学校課程で3週間、高校課程で2週間の実習経験は、学生たちにとって大きな学びと成長の機会です。

 

「教育実習指導(国語)」では、自らの実習経験について報告し合い、実習中に得られた収穫については互いに共有し、実習中にうまくいかなかったことについては、どうしていればよかったのか、議論を深めて、全員が今後に活かしていけるようなグループワークを繰り返しています。


いきいきと実習中の張り合いややりがいについて語る学生がいる一方、なかには自分の至らなさ・不甲斐なさに、実習報告をしながら涙ぐむ学生もいます。すべてが、彼ら・彼女らがこれから教員として独り立ちしていく上で活かされるべき経験です。

担当教員は、適宜、アドバイスをしたり、問題提起したりしながら、各グループを巡回します。グループワークの後、各グループから、当日の報告者とワークまとめ役による報告があるのですが、学生たちの熱意に応えて指導に没頭していた担当教員は、その姿を写真に収めることも忘れてしまうほどでした。

しかしながら、グループワークの写真からだけでも、4年生の皆さんの充実ぶりは読み取ってもらえるのではないでしょうか。

 

今後、各自治体の教員採用試験が本格化していきます。教育実習の経験を糧に、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。後に続く後輩の皆さんも、あっという間に4年生の実習時期はやってきます。後悔のないように、教職に向けて今なすべきことに取り組むようにして下さい。

一覧に戻る
学科に戻る