人文社会学部 日本学科 -最新情報-

「教える力」を磨く——日本学科「古典I(日本)」のミニ模擬授業&オープンキャンパスへのお誘い

「古典Ⅰ(日本)」は、「国語」教員免許必修科目です。1年生を対象とする科目ですが、授業は受講する学生全員が教師役を経験する10分間のミニ模擬授業を中心としています。

 

 

まだ入学したばかりの1年生なのに模擬授業をするのは、とても大変なことです。

それでも、このような大変な課題を課しているねらいは、大きく三あります

  1. 日本学科は国語教員をめざす学生が多いため、1年生の早い時点から教職をめざす意識を高める。
  2. 人に教えようと思ったら、自分が十分に理解していなければならない。模擬授業をすることで正確かつ確実な古文力を身に付ける。
  3. 先生として大勢の前でわかりやすく説明するには、総合的なコミュニケーション力が必要。実際に体験することでそれを身に付ける。

 

教材は、高校一年生を想定した『宇治拾遺物語』と、高校三年生を想定した『和泉式部日記』です。想定された学年に合わせて、授業内容を準備しなければなりません。

準備は、「古典Ⅰ(日本)」の授業中に担当教員の指導のもと行っています。しかし、それだけではとても時間が足りません。授業時間以外にも、自分で説明の仕方や板書の仕方を考えなければなりません。また、実際に練習してみて、机上で考えた指導案がうまくいくかを確かめる必要があります。

そのような時に頼りになるのが、ラーニング・コモンズ内に設置されたピアサポートセンター(通称PIATA)です。専任の先生や日本学科の上級生がピアサポーターとして、模擬授業展開に必要な様々なことについて懇切丁寧に指導してくれます(ラーニング・コモンズについては、こちらのリンクを参照してください)。

また、ICTアクティブ・ラーニング教室には黒板があり、本格的な練習ができます。下の写真はピアサポーター(日本学科の先輩です)に見守ってもらいながら、模擬授業の練習をしているところです。

実際の模擬授業風景を紹介しましょう。

持ち時間は10分です。担当箇所はあらかじめ割り当てられています。どう授業を進めるか、どう説明するか、生徒役にどのような発問をするか、どう板書するか、などについて、十分に準備してきました。黒板に貼る短冊を作ってきた人もいます。黒板にマグネットを使って貼りながら説明すると、生徒は「何だろう」と興味を持って聞いてくれますから、良い方法ですね。

生徒に配布するプリント(レジュメ)を作ってきた人もいました。生徒は板書を書き写す手間が省けるので、内容を理解することに時間を振り当てることができます。また、生徒から意見を引き出すために「グループで話し合ってみましょう」と、グループワークを取り入れた人もいました。いずれも、生徒の理解を深め、スムーズに授業を進めるためのよい工夫です。

 

 
ミニ模擬授業を終えると、生徒役をしてくれた仲間から、コメントシートによる評価が寄せられます。「良かった点」「改善点」についてコメントを書き、ルーブリック表の点数に○をつける仕組みになっています。記入済みの一例を、氏名を伏せて紹介します。

 
このコメントシートは、記入者欄を切り落とした後、本人に返却されます。返却されると誰もが熱心に読みふけります。仲間から「良かった点」として褒めてもらえたことについては、努力した甲斐があったと嬉しくなることでしょう。「改善点」として指摘されたことについては、がっかりするでしょうね。しかし、厳しくも温かい指摘に、次はがんばろうという気持ちになるはずです。

このように、日本学科では、「古典Ⅰ(日本)」のような学生自ら努力する授業を通して、中学・高校の「国語」教員なるという夢の実現に向かって着実に力をつけていきます。

9月10日のオープンキャンパスでは、ぜひそのようなカリキュラムについても担当教員にご質問ください。

また、日本学科では、教職をはじめとする「日本語で日本を伝える」ということに興味を持ち、そうしたスキルを身につけることに真剣に取り組む気持ちを持った「あなた」に期待をしています。

そうした気持ちを持つ受験生を始め、オープンキャンパスへの多くのかたがたのご参加をお待ちしています。

 

★日本学科の学びはコチラ

 

一覧に戻る
学科に戻る