人文社会学部 日本学科 -最新情報-

先輩のスピーチに学ぶ――「大学基礎演習Ⅰ」の授業から

1年生の必修授業「大学基礎演習Ⅰ」では、入学から約3週間経ったタイミングで、「先輩のお話を聴く―大学生活の充実のために」と題し、日本学科の先輩在学生のスピーチを聴き、考えるという授業を実施しました。

そろそろ大学生としての生活には慣れてきたものの、4年間もある大学生時代をどのように過ごしていけばよいのかまでは考えが及ばない人も多いでしょう。そこで、すでに1年間から3年間の学生生活を経験している、同じ学科の先輩学生のお話を聴いて、自分たちのこれからの大学生活について何かをつかみ、考えていくきっかけにしてもらいたいというのが目的です。2年生から4年生までの日本学科生5人が、今回のスピーチの大役を快く担ってくれました。

 

Aさんのお話のテーマは、「人前に立つ機会を大切に」「先輩から情報を得ることの大切さ」。前者は、日本学科では今後もたびたび経験するので、大切に生かしてください。後者も、クラブや委員会など授業外だけでなく、ピアサポート、ゼミ、勉強会など学科の中にもいろいろ設けています。

Bさんのテーマは「教員採用試験対策の勉強会」「目標に向け、仲間で勉強することのすすめ」。教員をめざして1年次からいろいろなことに熱心に取り組んできた先輩のお話には力がこもっていました。

Cさんのテーマは「学校ボランティア」「自分が『1年生の間にやっていればよかった』と思うこと」。前半の学校ボランティアでの貴重な経験のお話も、後半のある意味切実なお話も、聴きごたえがありました。

 

 

Dさんのテーマは「スピーチすることの魅力」。スピーチを行うことの数々メリットを説いた上で、留意点もアドバイスしてくれました。それは、話すことを仕事の一部にしている教員から見ても、説得力ある内容だったと思います。

Eさんのテーマは「自分の幅を広げるために」「大学生の間にやっておくとよいこと」。穏やかな話しぶりながら、実体験に基づく説得力あるお話で引き込まれました。

 

先輩のスピーチを聴いた1年生の感想を一部ご紹介します。

  • 人前に立つ機会、人からの情報を大切にしたい。
  • グループ学習で高めあうことの重要さを知った。
  • 教職関連の講座に、1年生のうちから参加したいと思った。
  • 資格を取るのは難しそうだと思い敬遠していたが、お話を聴いて、がんばろうと思えた。
  • Dさんのように上手に人前で話せるようになりたいと思った。スピーチの経験を積まなければいけないと感じた。
  • いろいろな経験によって自分自身をよく見せることができるのはすごい。見習いたい。
  • 教職志望でもキャリア系の授業も受けておくことが大切だとわかった。

 

スピーチの後には質疑応答も行われました。今回話してくれた先輩5人のうち、3人は教員志望、2人は一般就職志望ということで、それぞれの分野に関心のある1年生から次々と質問が出ました。今年は例年にないほど多くの質問が出て、なかなかの盛況でした。

 

1年生は、この機会から何をつかんだのでしょうか。先輩方のアドバイスを生かし、ぜひそれぞれの大学生活を充実したものにしてください。また、来年や再来年には、この同じ授業で、今の1年生のみなさんが、頼りになる先輩として新1年生に助言してくれることを期待しています!

一覧に戻る
学科に戻る