人文社会学部 日本学科 -最新情報-

入学が楽しみですね!! 日本学科のプレエントランスガイダンス

お天気に恵まれ2月にしては暖かい一日となった先週の土曜日、四天王寺大学では来る4月入学予定者の第二回プレエントランスガイダンスが開催されました。

この日も、プレエントランスガイダンスの後半は、入学予定の学科や専攻に分かれてのイベントです。

日本学科のイベントでは、定番の教員の教員紹介に始まり、1年生ブックトーク優秀者(こちらのリンクをご覧ください)の2名によるブックトークからプログラムが開始されました。

ブックトーカーのテーマは、「別れ」と「脇役」。

レジメも配布され、それぞれのブックトーカーが、自分が取り上げた3冊の本の何が、どのような場面が、自分にとって魅力的であったのか、なぜ、感動したのかを熱心に語りかけました。

  写真1 1020232a

入学予定者たちは、先輩の語りに聴き入っていました。

1年後の自分の姿がイメージできる良い機会となったことでしょう。日本学科に入学後は、しっかりと「伝える力」を磨いてください

1020216a 写真4

日本学科としてのイベントの後半は、「仲間作り」を目的としたリクリエーション活動です。まず、少し身体を動かして緊張感をほぐすゲームをしてから、

写真5 写真6a

次に、メインのクイズ大会「アタック 日本学科!!」チームを作るためのゲーム、「気持ちをひとつに、じゃんけん列車」です。参加者全員が、ゲームを繰り返すうちに、一列に並ぶことになります。

写真7a 1020241a

そして、その一列に並んだ順に、次のクイズ大会「アタック 日本学科!!」にチャレンジする4名一組のチームを作ります。

じゃんけんの結果という自分ではコントロールできない状況で、たまたま隣り合ったほぼ初対面の生徒同士で、4名一組のチームとなり、クイズ大会に突入です。

1020244a 写真10

クイズ大会「アタック 日本学科!!」では、司会から採点、そして場内の盛り上げ役まで、1年生から3年生の先輩がすべての運営を担当しました。

また、クイズ問題は、日本学科の教員が作成した日本学科の学びに関連する問題8題が出題され、ボーナスクイズ問題の正解・不正解による20点の加点と減点や、4名のチームメンバーで話し合いをしていない場合は10点減点など、チームとして協力し合わないと得点が難しい状況になるように仕組まれています。

写真13a 写真9a

さっきまで、まったく知らなかった人ばかりで構成されたチームですから、最初はぎこちなかったチームメンバーも、先輩たちのリードもあり、クイズに答える回数が重なるたびに、だんだんと打ち解け、正解と思われる答えはどれかと、活発に相談する様子が見受けられるようになってきました。

写真12a 写真14a

クイズ大会の終了時点で、最高得点を得た2チームとその次の高得点チームの2チームのうち、じゃんけんで勝利を収めた1チームの合計3チームが表彰され、記念品を授与されました

写真16a 写真17a 写真15a

最後は、先輩との茶話会。入学予定者のグループに先輩が一人ずつ参加したテーブルごとに、お菓子をつまみながら、本日の振り返りシートに記入したり、在学生の先輩に、大学に入学するまでの生活について、入学後の大学生活についてのいろいろな質問をしたりしていました。

写真19a 写真18a

日本学科のプレエントランスガイダンスでは、いつも日本学科在学生たちが大活躍です。

この日も、11名の学生が教室の設営から、クイズ大会の運営、そして茶話会のお世話に後片付けまで走り回ってくれました

写真21 写真20a

  (「アタック 日本学科!!」リハーサル中)      (配布物はありますか?大丈夫?) 

もちろん、ゲームやクイズ大会のための準備にも、かなりの時間をかけてくれています。ご協力ありがとうございました。お疲れ様!!

先輩として、君たちの入学を楽しみに待っているよ!!という態度や、声掛けが、入学前の生徒たちの不安な気持ちを吹き飛ばしてくれたものと思います。

写真22

(この日の運営責任者の今田先生と一緒に片付けも終わった教室での記念撮影。残念ながら、一人だけクラブ活動のために、写真撮影に参加できませんでした。) 

入学予定者の皆さん、前回、今回と2回のプレエントランスガイダンスで、日本学科の雰囲気にもなじめたことでしょう。仲間ができた人もいるでしょう。

4月の入学を楽しみにしていてください。

一覧に戻る