人文社会学部 日本学科 -最新情報-

緊張感みなぎる「ブックトーク」!! 最優秀プレゼンは誰になるのか??

同級生たちはどんな本を読んでいるんだろう? 自分のプレゼンはうまくいくかな?

1年生時の必修科目「大学基礎演習II」では、毎年、冬学期の半ばに、「ブックトーク」を行っています。「ブックトーク」はいろいろな場所で実践されているかと思いますが、日本学科の「ブックトーク」では、学生たちが、各自で設定したテーマにしたがって選んだ3冊以上の本を、まずはクラスメートに向けて紹介します。クラスメートたちがどのような本を読んでいるのかを知ることができるだけでなく、最終的には全クラスを通じた学年最優秀の学生を選出する仕掛けがあったりして、なかなか盛り上がります。

P1020034 P1020091

P1020015 P1020029

「ブックトーク」の実施までには、十分な時間をかけて準備をおこないます。まずは夏休み中に、本を読んで取り上げたいと思うものを選んでおきます。そしてそれらを授業に持参し、印象的な文章を抜き出したり、内容を要約をしたりした読書メモを作っていきます。そうした下準備を踏まえて、発表原稿を書き、さらにA4判で1枚分のレジュメを作成します。

「ブックトーク」では口頭で説明する部分と配布する資料を使って伝える部分をうまく組み合わせるのがコツです

P1020096 P1020141

P1020066 

いよいよ大学基礎演習のクラス単位で、予選が行われます。これは、全員がプレゼンやってみるという力だめしであると同時に、学生による互選でクラスの代表を2名を選抜する場にもなっています。それぞれが自分のプレゼンに向けて緊張感を漂わせながらも、また、周りの友人がどのような本をどのように読んでいるのかも知ることができ、「あ、その本、知っている。自分も読んだよ。へえ、あなたは、そこに感動したのか・・・」などという連帯感も入り交じった時間となります。

最後に、こうして選ばれたクラスの代表による本選が行われます。この時は、1年生全員が大教室に集まって、ここに写真を挙げている12名の各クラスの代表たちの「ブックトーク」を聴きます。それぞれのクラスから選抜された代表だけあって、どの「ブックトーク」もそれぞれの発表者の個性豊かで興味深い内容のものが揃いました。聴衆の学生たちも熱心聴き入っていて、素晴らしいプレゼンにはどよめきや盛んな拍手が起こりました。

P1020051 P1020160

P1020121 P1020071

熱気に包まれたプレゼンのあとは、学生と教員による最優秀「ブックトーク」を選ぶ投票がおこなわれました。

その結果、1位に1名、2位に1名、3位に2名の学生が選ばれました。

この4名は、その次の1年生の合同授業の機会に表彰され、記念品が贈呈されました。

DSC09737 DSC09752

DSC09754 DSC09741

優秀学生たちには、これからの大学生活を送る上での自信になったのではないかと思います。

しかし表彰されなかった学生も、代表をめざしたのに代表になれなかった学生も、悔しさや、発表に対しての手応えを感じたことと思います。

そうした気持ちをバネに、さらなるステップアップをめざしてほしいと思います。

このように日本学科では、皆さんの力をためして伸ばす機会をいろいろと設けています。楽しみながら力をつけてほしいと願っています。

それから、2月4日(土)のプレエントランスガイダンスに参加予定の皆さんへ・・・

このコンテストで優秀な成績をおさめた学生の「ブックトーク」を、実際に聴いていただく場を設けています。

楽しみにしてご参加ください。

一覧に戻る
学科に戻る