人文社会学部 日本学科 -最新情報-

大学祭で活躍する日本学科生!

今年度も、四天王寺大学大学祭「IBU祭」がおこなわれました。著名芸能人によるイベントや地域連携行事、同窓会行事など賑やかな三日間でした。

そのなかで活躍する日本学科の学生のみなさんの、いきいきとした表情をお伝えしましょう!

学内を歩いてすぐに目に付くのは、屋台で頑張る学生たちです。日本学科の学生が参加する屋台ではユニークな屋号や売り文句、積極的な呼び込みなど、ぞんぶんに学科で取り組む「表現力向上」の学びが活かされていたように思いました。

yatai001 yatai002 yatai003

yatai004 yatai005 yatai006 

数ある屋台のなかでも、教職志望を中心とした4年生グループによる屋台は、すっかり恒例行事となりました。今年度も、温かいポタージュなどをふるまって、大盛況です。

 kyo001 kyo002

屋内の展示では、平和を訴える活動や映画の魅力を表現する活動などに取り組む日本学科生の姿がありました。

 situnai001 situnai002

和室では、日本学科生が多く所属する茶道部のお手前が披露されていました。着物姿で学内を歩く日本学科生の姿をご紹介。

cha001 cha002

1年生の日本学科生も、初めての大学祭を楽しんでいました。上級生になったら、ぜひいろいろな企画に取り組んでもらいたいものです。

1nen002 1nen001

 一方で、学生運営委員会に所属する日本学科生は、受け付けや駐車場で裏方の仕事を頑張っていました。

gaku001 gaku002 gaku003

大学祭で輝くのは在学生だけではありません。日本学科の卒業生たちも、学生時代にタイムトリップ?しようと、毎年、たくさん駆けつけてくれます。

 sotu001 sotu002 sotu003

久しぶりに会う友だち連れで、あるいは子ども連れで家族も一緒に、あるいは後輩たちの屋台を激励しに、大学祭を笑顔いっぱいで楽しむ卒業生たちに会うことができました。

下の写真、左側は伝統的に日本学科生が多く在籍し活躍する書道部の展示に訪れた卒業生たちの1枚。中心にいる書道部顧問の先生が今年度でご定年なので、例年にもましてたくさんの卒業生の姿が見られました。右側は本学職員として勤務する日本学科卒業生と、子どもを連れてきてくれた卒業生との微笑ましい1枚です。娘さんは恥ずかしくて、モジモジしておられます。

 sotu004 sotu005

大学祭で活躍する日本学科生の様子、いかがでしたか? 日本学科では、教職をはじめ、どのような進路に進むにせよ、その基礎となる日本語表現能力やコミュニケーション力の育成に重点を置いています。その成果が、学生たちのさまざまな取り組みに、如実に現れていたと思います。

また、そうした力を駆使して活動できた!楽しかった!という実感が、卒業してからも「母校を訪れたい」という卒業生のみなさんの思いにつながっているように思います。卒業生のみなさん、これからも日本学科の在学生たちを応援にきて下さいね!

一覧に戻る
学科に戻る