短期大学部 生活ナビゲーション学科 
ライフケア専攻 -最新情報-

高大連携事業で大阪府立長吉高等学校を訪問しました

10月3日に、ライフケア専攻の1回生の有志と健康福祉専攻の学生、教員とで

大阪府立長吉高等学校の生徒たちに対し、「笑顔の輪を広げたい―福祉・介護について」という題で授業を行いました。

ライフケア専攻の学生たちは、「介護体験-車いす介助の方法」ということで、

教室にて車いすの取り扱いや操作の仕方について説明後、二人一組となって学内を回りました。

 

 

 

 

体験後の感想として、

・最初は嫌だと思っていたが、貴重な体験ができてよかった。

今度は祖父の車いすを押す時に今日の注意点を思い出して、安心して乗ってもらえるようにしたい。

・車いす介助は楽勝だと思っていたが、段差の介助が大変でした。

また、注意する点もたくさんあり、勉強になった。

・車いすに乗ると視線が低く、段差も怖かった。

また、介助をするときはいつものペースで歩いたらいけないことがわかり、いい経験ができたと思います。

など、多くの意見をいただきました。ありがとうございます。

 

また、車いす体験後、休憩をはさみ、健康福祉専攻の「相談援助の専門職とは」という授業では、

グループワーク時にライフケア専攻の学生も中に入って討論をしました。

 

 

 

 

 

 

 

長吉高等学校の生徒の皆さん、先生方、

本日は貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。

一覧に戻る
学科に戻る