短期大学部 生活ナビゲーション学科 
ライフケア専攻 -最新情報-

オープンキャンパスでマッスルスーツについてデモンストレーションしました

私たちの大学では、全国に先駆けて「介護ロボット」を導入します。
今回は、マッスルスーツをオープンキャンパスの全体説明会で披露しました。

 

このマッスルスーツは、空気の力でゴムチューブが伸びたり縮んだりする力(人工筋肉)により、高齢者などを車いすから椅子などに移動していただく介助などをアシストするものとして使用します。
背負った感じは、ふだんのリュックのようで、モデルの学生はステージが終わってからも外すことなく着けていました。
肝心の重さについては、カタログどおり3割ぐらいの負担減になるそうです。

慣れてくると装着に1分もかからず、すぐに使えます。
介護現場では介助行為によって腰痛に悩む人もいます。
こうした介護ロボットを導入することで、負担が軽くなり、安心して仕事を続けられますね。

6号館や8号館の前で公開デモンストレーションをし、20人以上の方に「体験」していただきました。
姿勢(足を肩幅まで広げ、腰を落とす)がうまくつくれなかったり、腕の力だけで持ち上げた方には体感しただけなかったようですが、およそ8割の方には、効果を感じていただきました。

 

 

一覧に戻る
学科に戻る