短期大学部 生活ナビゲーション学科 
ライフケア専攻 -最新情報-

介護ロボットの力!(ポパイ体験)

先月のオープンキャンパスでのライフケア専攻の学科別イベントでは、強い力で収縮する空気圧式の人工 筋肉を組み込んだ「マッスルスーツ」を展示しました。

 

横になったり座ったりしている要介護者を起こす作業は、介護者の腰に負担がとても大 きいです。

そのために腰痛になってしまう介護者もいます。

しかし、マッスルスーツはリュックサックのように背負って使い、腰の負担を軽減できるスグレモノです。

この日は、来場者がスーツを装着し、重りの入ったケース(20㎏)を持つ体験をしました。

残念がら20㎏程度では「実感がわかない」という意見もありましたが、「やっぱり軽い」「自分が力持ちになったようだ」などと、こちらが期待した通りの反応もいただけました。

今後、授業などでも、適切な力の配分などとともに、介護者の健康管理などのテーマで活用していきたいと思います。

このような介護ロボットは、「未来の介護」の切り札の一つだと考えています。

 

一覧に戻る
学科に戻る