短期大学部 生活ナビゲーション学科 
ライフケア専攻 -最新情報-

カレーで煮込んだ上級生と下級生の仲

先日の話し合いの末、カレーの具材が決まりました。
先輩たちが手分けして材料を買出しに出かけました。
当日は、ご飯担当、野菜の下準備担当など手分けをして取組みました。

 

 

 

 

黙々と「作業」をしても良いのですが、手慣れた人ばかりではありません。
あれこれ相談して作り上げていくことに値打ちがあります。

先輩も「クラブ入ったん?」「アルバイトどうしてるの?」などと気さくに声をかけます。

そして、ご飯や煮込んでいる間には、実習のことや学生生活でのことなど、
下級生が本当に聞きたかったことが聞ける雰囲気になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

同じく介護福祉をめざす「同志」として、互いに成長できるようになりたいですね。


Aさん:3人の先輩がとても優しくて、何の作業をしたらいいか分からなくて悩んでいたけど、役割分担をしてくれてすごく助かりました。
実習のこととか聞くことができて、この先の不安なこととかが少し分かって良かったです。交流ができてすごく楽しかったです。

Bさん:実習のことについて詳しく教えてくださった。どんなことをすればいいなど細かくアドバイスしてくださった。これから先の授業のこともよく分かって良かった。

Cさん:利用者さんの暮らしの話をすると、会話が続くことや、デイサービスのアルバイトをすると役に立つことを教えてもらったので、今後に役立てたいなと思いました。先輩みたいに仲良くなりたいなと思いました。

一覧に戻る
学科に戻る