短期大学部 生活ナビゲーション学科 
ライフケア専攻 -最新情報-

障害者差別解消法の合理的配慮について勉強しました

全ての国民が、障がいの有無にかかわらず、

相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、

障がいを理由とする差別の解消を推進することを目的として、

平成25年6月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」

(通称「障害者差別解消法」)が制定され、平成28年4月1日から施行されました。

 

ここでの「合理的配慮」とは、

さまざまな障がいのある人々の人権が、

障がいのない場合と同じように保障されるとともに、

社会生活を送るうえで、例えば教育や就業などにおいて平等に参加ができるように

障がいの特性や生活上の困りごとにあわせてなされる配慮のことをいいます。

 


障害者差別解消法合理的配慮授業写真1

そこで、今回の授業では、

生活の場面においてどのような合理的な配慮の事例があるのかをグループで調べてみて、

その内容をまとめて発表することにより、新しい発見や再認識ができ、よりよい学びとなりました。

当事者にとって、何が差別に当たるのか、

合理的配慮としてどのような方法が望ましいのかということについて、

基本的な考え方や具体的な事例での学びはとても役立ちます。

障害者差別解消法合理的配慮授業写真2

一覧に戻る