短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻 -最新情報-

和気あいあい、和食の会 (2015)

セイラの学生が「フード」の実習で磨いた料理の腕を試す日がやってきたよ hoshi01

photo01

先週土曜日、中国の浙江工商大学からの留学生といっしょに、和食で交流するイベント「和気あいあい、和食の会」がありました(日本学科にも和食の会の記事があります)。四天王寺大学からは、日本学科国際交流クラブ,そしてセイラ混成メンバーです onpu1

和食というと、上品で見た目もきれいな「会席料理」のイメージがあるかもしれませんが、手軽に簡単に作れる家庭の味も立派な「和食」です。メニューは、

1) ヘルシー肉じゃが
2) いろいろ手巻きずし
3) スイーツ三色白玉だんご

の3品です。

 

まずはレシピを確認しながら、調理の準備! 経験豊富なセイラの学生がリードします。 seira 「ピーラーはこう持って、玉ねぎは くし形 に切って・・・」
photo02 photo03

すし酢をかけたご飯を混ぜたり、手巻き寿司の具を作ったり、肉じゃがの材料を切ったり・・・ 料理は手際よく行うのが肝心です。今回は3品作るので、役割分担して調理していきます。
photo04 photo08

お肉を炒めだすといい香りがしてきました onpu1お肉は多めだといいな」という男子学生の声も聞こえてきます。
photo05 photo06

肉じゃがを煮込んでいる間に、白玉だんご作り onpu2 プレーン抹茶黒すりごまをそれぞれ練りこんだ「白玉だんご3(色)兄弟」です (^ ^)
photo10 photo09

作業が進むにつれて、チームの雰囲気が「和気あいあい」と溶け合い、結局予定時間より早く完成しました hoshi01
やったね、セイラの本領発揮 onpu2
photo12 photo15s

出来上がった料理を囲んでみんなで試食です heart1
photo13

「おいしい!」「手巻き寿司の具材、この組み合わせがいいよ!」料理を囲んで会話がはずみます。セイラの学生は、留学生に自分の名前の中国語読みを教えてもらったり、留学生に中国語の発音をカタカナで書いてあげたりしてました。
和食のおかげで、「和気あいあい」とした1日でした seira

 

過去のおすすめ記事を見る

一覧に戻る
学科に戻る