短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻 -最新情報-

\和気あいあい「和食の会」を開きました !/

    11月17日(土)に中国の浙江工商大学からの交換留学生と、和気あいあい「和食の会」を開きました。留学生・大学生・セイラちゃんといったいろんなメンバーで、日本の家庭料理を一緒に作って、一緒に食べるこの会も、今年で6回目!和気あいあいのとても楽しい会になりました。


 メニューは「手巻き寿司」「豚汁」「三色白玉団子」です。のり、すし飯、こんにゃく、白玉粉、きな粉、あんこ、ごま、抹茶などなど、「和」の食材がいっぱい!どれも私達にはおなじみの食材ですが、留学生の皆さんに改めて「こんにゃくって何ですか?」と質問されて、セイラちゃんはちょっとドギマギ・・・。一生懸命説明することで、知識を整理し、とても良い勉強になりました。

 

 また、今年はセイラちゃんが、かつお節と昆布を使った「だし」の取り方を実演し、「和食」の美味しさを支える「だし」を味わってもらいました。本物の「だし」を使った豚汁は、とっても美味しくできました。

 セイラちゃんは、実際の調理だけでなく、みんなが手順良く調理できるように、会の始まる前の準備も頑張りました。フードの授業で学んだことを活かすとても良い機会になりました。

 学生コメント 

 言葉が通じるか不安で、また初対面ということもあり、初めは緊張してぎこちなかったけれど、留学生の方がとても優しくて、手際よく、楽しく料理ができました。

 日本の食材で普段食べているものなのに、実際にどういうものか聞かれた時になんて応えたら良いか分からず、自分の知識不足を実感しました。いちょう切り、短冊切りなどの切り方も分かってもらえるように説明するのが難しかったです。 

 みんなで一生懸命料理して、美味しくできて嬉しかったです。良い経験ができました。

 

【関連リンク】

→短期大学部生活ナビゲーション学科ライフデザイン専攻の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る