短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻 -最新情報-

「ボケーショナルイングリッシュ」で海外研修をめざします!

「ボケーショナルイングリッシュ」の授業を紹介します。

この科目では、英語のリスニング力と読解力の実力を身につけることをめざしています。

専攻では、この英語の学びを通じて海外研修を推奨しています。

昨年2月後半から3月の初旬にかけてアメリカのユタ州、ソルトレイクカレッジに10日間の海外研修を実施し、6名の学生を専攻教員が引率して行きました。

学生がアメリカへ海外研修に行ってみたいと思った理由は、自分を見つめなおす機会としたい、大学生活の中でしかできない,経験をしてみたい、また、就活の時にこの体験を話題にしたいなどです。
参加学生は、さまざまなプログラムとホームステイを通して感じること、考えることがありました。

海外研修の目的は「国際感覚を養うこと」です!
ホームステイでは、ホストファミリーの家庭に二人ずつ入り、その家族と一緒に暮らしました。どのホストファミリーも家族仲良く、一緒に祈り、食事し、夕食後は一緒の時間を過ごすことがとても新鮮に映りました。私たちは、夕食後、家族はそれぞれに好きなことをすることが多いからです。

 

学生の声

・海外に出ることで、日本での暮らしと比べることが多くなりました。
アメリカ、ソルトレイクでの家族の関係や休日の過ごし方、また、家事のシェアの仕方や食べ物について、宗教についてなどの日常生活を身近に見ることで、自分の将来、そして仕事や家族についていろいろと考える機会が多くなり、とてもいい経験ができたと思います。

・教会の礼拝に正装で出席し、教会のみなさんに紹介していただき、日本では味わえない体験もできました!
・もっと英語を勉強したいと考えるようになりましたseira

【関連リンク】

→短期大学部生活ナビゲーション学科ライフデザイン専攻の学びについてはこちら

 

 

 

   
一覧に戻る
学科に戻る