短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻 -最新情報-

『日本の伝統と文化』の授業で華道を学びました!

四季折々の花を楽しむ日本文化。あるときは神仏への祈りとともに、またあるときは季節の歳時記を表現したり、古来より生活の中にさまざまな形で取り入れて来ました。

まず先生からの講義があり、基本的な考え方や「お手本」が示されます。

今回は、姫南天、すかし百合、ミニひまわりを使って、日本の庭にある景色「池のほとり」をテーマにいけ表わしていきます

 


 「先生、どうすればいいんでしょう?」「この花の向きはね、こうすればいいのよ!」

 

「かた」を覚えていくことで、いけた花たちが「かたち」になっていくプロセスの面白さを味わうことができます。

花はいきものなので、いけたときのつぼみが開くときの流れや風景の変化を感じることもできます。

学生の声
1 最初、枝を切るのが怖かったけど、だんだん慣れました。
2 いけはじめは戸惑いましたが親切に教えてもらえるので、思ったよりきれいにできました。
3今まで、目にも入らなかった街などで見かける小さな花にも目をとめるようになりました。seira

一覧に戻る
学科に戻る