短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻 -最新情報-

セイラ海外研修行ってきました!

\ 2月20日から3月3日まで、アメリカ、ユタ州のソルトレイク・シティでライフデザイン海外研修が実施されましたseira

 

今回は、セイラ海外研修の内容について日を追って報告しますonpu2

 

2月20日:関西空港から出発

k001

飛行機を乗り継いだサンフランシスコの天候が悪く、2時間遅れてソルトレイク・シティに到着し、ホテルで1泊しました。

k002

21日:午前中にオリエンテーションした後に食べ放題のランチ。どれも美味しそう!

k003 

午後は水族館へ行き、4時にホストファミリーと合流しました。ワクワク感と不安の入り混じった1週間のはじまりです。

k004

22日:午前中はメキシカン料理にチャレンジ!

k005 k006

午後は、旅行センターと、開拓者博物館ユタ州庁舎へ行きました。たまたま出会わせた市長さんがとても気さくな方で、みんなで記念撮影!

k007 k008

23日:午前中はラインダンスのレッスンonpu2。先生は日本人の方でしたが、英語でしかレッスンできないそうで、とにかくレッツトライ!

k009

午後は、トラックスという電車に乗ってダウンタウンへ出て、ショッピングを楽しみました。

k010 k011

24日:午前中はクラフトメーキング

k012

午後はローラースケートにチャレンジ! 滑りに慣れないながらも、がんばってエンジョイしました。

k013

25日:午前中はアウトドア用品店へ行き、午後はウォールマートというスーパーマーケットでショッピングをした後、

k014

日本でもお馴染みの、コストコ店内を案内してもらいました。

k015

26日:午前中はモルモン教発祥の地、テンプルスクエアを訪れ、タバナクル合唱団を聞き、その後資料館を訪れました。

k016 k017

27日ソルトレイク・コミュニティ・カレッジを訪れました。日本を訪問予定の学生さんに話しかけられて、びっくりしました。

k018 k019

28日サンライズ小学校を訪問。日本のように机が整然と並べられた座席に座るのではなく、子供たちは自由に座って、のびのびと授業を受けていたのが印象的でした。

 k020 k021

昼食は、ケンタッキーフライドチキン世界第一号店で、食べ放題のランチ!!

  k023 

k022 k024

午後は、アウトレットでショッピング!

3月1日:この日が実質最後。午前中はホストファミリーへ感謝の気持ちを込めてメッセージカードを作成。夜に、さよなら会を開いて別れを惜しみました。

   k025

2日:早朝の飛行機で日本へ向け出発

k026

 seira 学生の感想  seira 

 

mog21 最初は聞き取ることも話すことも全然できなくて早く帰りたいと思いました。しかし身振り手振りや顔の表情でだんだんわかるようになり、携帯も使いながらなんとか会話できるようになると、だんだん楽しくなりました。最後は、別れが惜しい気持ちでいっぱいでした。

mog21今度アメリカを訪れるときまでに、もっと英語を勉強しておこうと思いました。

mog21日本に比べるとオーバーリアクションで、そしてなんでも褒めてくれるので、自分が評価され認められている気分になり、向上心が身に付くような気がしました。

mog21一人で行動せず必ず家族一緒の時間を大切にしているのが印象的でした。

mog21アメリカは親切で愛がいっぱいな国だと思いました。何かをするとき、みんな周りを見ているし、娘が少し悪さをしても母は怒らず、褒めているのが印象的でした。

mog21アメリカは日本みたいに電線が地上になく、また山が近くに見えて景色が綺麗で驚きました。

mog21ソルトレイクは自然に囲まれ、山がとてもきれいで、道は広々としており、大きい家が多くて、全体的にのびのびしていると思いました。ショッピングモールなども近くにたくさんあり、とてもいいところだと思いました。

mog21ホストファミリーはとても優しくて、毎日いろんなところに連れて行ってくれました。中でも一番きれいだったのは教会で、ライトアップされていて感動しました。

mog21感情をきちんと表現すると相手に伝わりやすいし、アメリカで学んだことは日本でも忘れないようにしたいと思います。

mog21ホストの子供たちとたくさん遊んだり、ホストのお父さん、お母さんとたくさん話したりした時間は私にとってとても貴重な時間で、いつまでも大切な思い出です。またいつか行きたいと思います。

mog21アメリカは家族をとても大切にする国で、家族との時間を大事にしています。家には家族の写真がたくさん飾ってあり、リビングにはテレビが無く、家族みんなで会話をしています。アメリカでの生活は、すごく温かくて、たくさんの愛を感じることができました。

mog21素敵なホストファミリーと出会えたことがとても嬉しかったです。ホストファミリーの子供たちと一緒にテレビゲームやおままごと、鬼ごっこなどをして遊び、たくさん笑いました。「9日間では足りない、もっと一緒に過ごしたい!」と思うほど楽しい日々でした。

mog21スーパーなどのショップの店員さんやいろいろな人が誰にでも笑顔で挨拶をしているのが印象的でした。私にも挨拶してくれた時はとても嬉しかったです。

mog21毎週日曜日は家族のための時間で、教会に出向き1週間の心をリセットし、新しい月曜日を迎えるという習慣に感動しました。

mog21家族で過ごす時間が日本に比べて長いことが印象的でした。食後は家族団らんの時間で、自分の部屋に行くのは寝る時ぐらいで、そのほかはリビングなどで過ごしていました。日本では子育てはお母さんの役目ですが、アメリカでは夫婦協力して育児をするのも印象的でした。

 mog21 過去のおススメ記事 mog21

報告会★セイラ海外研修

一覧に戻る
学科に戻る