経営学部 経営学科
-最新情報-

経営学部・7月オープンキャンパスが開催されました

 11日(土)、12日(日)の2日間、経営学部・7月オープンキャンパスが開催されました。6月に引き続き、事前予約をしていただく完全予約制として高校生や保護者の皆様にお越しいただきました。このオープンキャンパスは参加人数を限定したうえで、本学教職員や在学生スタッフはいずれもマスクにフェイスシールドを着用し、換気を十分に行うとともに教室には消毒液を設置、使用した机はすぐに消毒をするという十分な感染対策を講じて実施しました。

 それでは、7月オープンキャンパスの模様を簡単にご紹介します。

第1日目(11日)

 午前と午後、同じイベントを1回ずつ実施しました。オープンキャンパスは大講堂の全体説明から始まり、学科イベントが実施される教室へ移動した後は、木村学科長から、経営学科で学ぶ内容や学科の特長、その他4年間の大学生活において体験できるさまざまな活動について学科説明が行われました。引き続き行われた高校生の皆さんに大学の講義を体験してもらうミニ講義では、「会社はだれのもの?」と題して、公共経営専攻の霍先生から、株式会社についての説明がありました。

 いっぽう、9月のセミナー試験対策の第1回目も、午前と午後の部に分けて行われました。第1回目は、企業経営専攻の伊藤先生による「まなぶ!ためす!わかる!ブランドの基礎」というテーマでの講義とレポートの書き方についてのレクチャーがありました。

 個別相談ブースでは、経営学部での学びや公務員試験、また卒業後の進路についてなど、高校生の皆さんだけでなく保護者の方にも立ち寄っていただき、経営学部の教員と在学生で対応しました。個別相談は1組10分という制約があるなか、わずかな時間ですが、経営学部に関心をもつ高校生の皆さんと直接触れ合える貴重な機会となりました。

 

第2日目(12日)

 お天気は雨と予報されていましたが、曇りの過ごしやすいお天気となり、オープンキャンパス日和となりました。2日目も1日目と同じ時間配分のプログラムで実施されましたが、学科説明は学部長の原田先生により学科の学びに加えて、短時間で卒業生の活躍の様子なども紹介され、その後、公共経営専攻の木村先生から高校生を対象とした、「成人年齢を考えてみよう!」というテーマでミニ講義が行われました。

原田学部長による学科説明

木村学科長によるミニ講義

 セミナー対策講座第2回目は、同じく公共経営専攻の春名先生による「コロナと憲法-移動の自由-」というテーマで実施されました。セミナー対策講座は、来年3月に卒業予定の3年生しか参加できないので、高校生と一緒にオープンキャンパスにご参加された保護者の方々は個別相談コーナーなどを訪れたり、本学を散策いただいたようでした。


次回、8月のオープンキャンパスは、

17日(月)、18日(火)に開催予定です。

 9月5日の総合型選抜試験のエントリーとなるオープンキャンパス参加型セミナー対策講座は1日2回、2日間、完全予約制で行うため、参加を検討されている方は必ず事前にご予約のうえお越しください。

本学では、今後もコロナウィルス感染予防に努め、
十分な対策を講じて皆様のお越しをお待ちしております。

 

詳細HPは、こちら↓をご覧ください。

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

→OPEN CAMPUS2020 詳細はこちら

→四天王寺大学HP 入試情報NAVIはこちら

一覧に戻る
学科に戻る