経営学部 経営学科
-最新情報-

3年IBUオールインターンシップ事後研修×低学年2daysインターンシップ 第1弾

 経営学部企業経営専攻では、8月27日付の学科ブログでも紹介したように、3年次に全員がインターンシップに参加するIBUオールインターンシップを実施しています。このプログラムでは、単に就業体験をするだけではなく、就業体験をより効果的なものにするために事前の準備と事後のふりかえりとして研修もおこなっています。

 今回の事後研修会は、大学を飛び出し、9月12日から14日までインテックス大阪で開催された19回管工機材・設備総合展OSAKA2019(主催:大阪管工機材商業協同組合)で職業研究もできるように、ホテルフクラシア大阪ベイでおこないました。また、このイベントでは低学年の2daysインターンシップも実施され、企業経営・公共経営両専攻の学生が運営スタッフとして参加しました。その内容については、引き続き第2弾でお伝えする予定です。今回は、まず3年生の事後研修会の模様からお伝えします。

 当日の研修は、インテックス大阪に隣接するホテルフクラシア大阪ベイで行いました。事後研修会は気持ちを引き締めて、挨拶から始まりました。

 午前中は、インターンシップのふりかえりを行いました。体験したことを整理することによって、「働くとはどのようなことか」「どのような学びをしたのか」「体験によって、どのように成長したのか」などについて改めて確認し、それぞれの強みを発見するというワークに取り組みました。

 

インターンシップで体感したことについて、学生のコメントの一例を紹介します。

営業職を体験した学生からは、「電話をかけるのは想像以上に難しかった」、「スーツの着こなしは大切だと感じた」など。

事務職を経験した学生からは、「細かな点まで気をつけることに責任を感じた」、「パソコンを上達しようと思った」など。

接客を経験した学生からは、「お客様からの“ありがとう”の一言が嬉しかった」、「チームで働く素晴らしさを感じた」「ビジネス実務マナー検定対策として学んだことが役立った」など。

 就職活動の前にこのような気づきを得ることは、「就活のために今から何をすべきか」ということを知り、早めの準備に取り組むきっかけとなります。学生たちが体験したことはさまざまですが、参加した全員が、将来のキャリアを展望し、働くということを考える良い機会になったようです。

 

 

 午後の研修は、業界研究や仕事の理解を深めるために、「専門商社について ~専門商社の特徴を知ろう~」と題して総合商社と専門商社の違いなどを学んだ後、株式会社昭栄の木澤利光代表取締役による「管工機材組合が関係する業界」についての講義がおこなわれました。

 木澤代表取締役の講義では、「業界に関する基礎知識として、管工機材が社会でどのような役割を果たしているか」「管工機材組合に属する企業は、どのような商品を扱っているのか」「取引先はどのような企業か」などについての紹介があり、就活の際に、業界研究・企業研究の際にチェックすべき重要なポイントを知る貴重な機会となりました。

 講義の後、学生たちは研修で学んだことを確認するために、「管工機材・設備総合展 OSAKA 2019」に参加し、総合展に参加している企業のブースを自由に見学し、さっそく業界研究・企業研究に取り組みました。

 この総合展は、あらゆる配管設備に関連する最新の管工機材・設備機器が出展され、取引先である一般企業はもちろん、官公庁関係者も多く来場されます。学生たちは、この来場者に交じって積極的に質問しながら各ブースを訪問していました。

 学生からは「一企業で扱う金額の大きさにびっくりした」、「本物の営業を見た気がした」、「日本の商品力のすごさを知った」など、初めて経験する専門商社が集結する総合展で新たな気づきを得る学びのひと時となりました。


 総合展見学後には、インターンシップの総まとめと事後研修の学びを振り返り、インターンシップ体験期間に記入したインターンシップノートを点検、担当者に確認してもらって、本年度のオールインターンシップを無事完了することができました。

 インターンシップにおいて、お世話になった多くの企業の皆さまには、この場でお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

 3年生は、まもなく本格的な就職活動がスタートします。経営学部では、インターンシップで得た経験を活かし、学生一人ひとりが適性に応じた将来の進路希望を実現するためのキャリア形成を応援しています。また、1年次から積極的にインターンシップに参加する機会も設け、早くから自身のキャリア形成を意識づける取り組みも行っています。

 

 低学年の2daysインターンシップについては、引き続き第2弾でご紹介します。また、3年生のインターンシップ体験についても、学生の体験談として改めて紹介する予定です。

 

※「管⼯機材・設備総合展」とは、産業活動の基盤を⽀える必需品バルブなど配管設備を扱うメーカー・商社が⼀堂に会する展⽰・商談会です。

 

【関連リンク】

経営学科の学びはこちら

一覧に戻る
学科に戻る