経営学部 経営学科
-最新情報-

法学検定・ベーシック<基礎>コースに合格しました!

 2018年度法学検定試験が昨年12月2日に実施されました。公共経営専攻では、3年生1名、2年生12名の合計13名がベーシック<基礎>コースに合格しました。そのうち、2年生の植村文哉さんは、優秀合格者としてみごとExcellent合格に認定されました。

      みんなで合格証書を手にハイ、チーズ!(2年生)

 2年生の皆さんは、いずれも冬学期開講のライセンス・セミナーⅧ(法学検定試験対策)を受講し、合格に向けて勉強してきました。

 

…Excellent合格に輝いた植村さん(写真前列左から3番目)にインタビューしました…

Q1. 法学検定試験を受験しようと思ったきっかけはなんですか?

 2年生に上がるとともに、本格的な公務員対策の授業が始まり、ちょうど試験科目である民法や刑法、憲法などを学んでいるので、自分の力を測るためによいチャンスだと思い、受験しました。

Q2. 合格に向けて、どのように勉強しましたか?

 まず、授業での課題に真面目に取り組みました。それから、復習は忘れてしまってからではなく、忘れる前にすることが大切だと思い、実行するように心がけました。また、試験直前まで問題集を繰り返し解き、とくに間違ったところを重点的に勉強しました

Q3. 試験終了後、手応えはありましたか?

 はい、しっかり準備して臨んだので、確かな手応えを感じることができました。ですが、まさかExcellent合格だとは思っていなかったのでびっくりしました。おかげで今後の自信につながりました。

Q4. 最後に、これから資格取得をめざす後輩たちにメッセージをどうぞ!

 法学検定・ベーシック<基礎>コースは、日頃学んでいる法律科目の知識を試す機会としてちょうどよいと思います。<基礎>なので、法律の勉強が苦手という人でもコツコツ取り組めば、十分合格を狙える試験だと思います。また、検定試験前の2年生の冬学期に対策講座としてのライセンス・セミナーⅧも受講できるので、タイミング的にも2年生で受験するのがよいと思います。
 さらに、合格すれば単位取得のうえ資格チャレンジ奨励金というおまけもついてくるので、資格取得の価値は大いにあると思います。1年生のみなさんにもぜひおすすめします!

 

 さいごに 
 法学検定・ベーシック<基礎>コースは、大学1年生~2年生程度を対象として、「法学入門」「憲法」「民法」「刑法」といった基本法についての基礎的知識・能力を測定する試験です。学部の試験、また、宅地建物取引士や行政書士などの各種資格試験、公務員試験等々の腕試しとして最適です。植村さんの言う通り、法律は苦手という人でも、前もってしっかり準備をすれば、必ず合格を勝ち取ることができます。みなさんもぜひチャレンジしてみませんか。

Excellent合格とは、特に優秀な成績を収めた合格者にその栄誉を讃えて与えられる称号です。

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る