経営学部 経営学科
-最新情報-

シリコンバレーIT企業・若手女性起業家による特別講義を実施!

 経営学部のマネジメント系専門科目のうち、天野了一准教授の担当科目として、現代のユニークな商品、イノベーティブなサービスを提供する様々な企業についてケーススタディ(事例研究)を通じて学ぶビジネスモデル研究」や、旺盛な起業家精神を発揮し、人、モノ、金、情報といった経営資源を組み合わせて一からビジネスを生み出した起業家たちの経営哲学や創業ストーリーを学ぶ「アントレプレナー論」を開講しています。
 それぞれの講義では、著名経営者や歴史的経営者のビジネスについて教材で学ぶだけにとどまらず、より実践的な経営の現状や、ベンチャーマインドについてリアルな経営者の情熱に触れることで、将来のビジネスリーダーや経営者を目指すため、受講生の要望も聞きながら、様々な業界の一線で活躍する経営者・起業家をお招きし、特別講義を開催しています。本年度の講義について、紹介します。

 1.ビジネスモデル研究 
 Quadcept 株式会社専務取締役・CSI Global Alliance株式会社取締役の松田知樹氏と本学を昨年卒業した酒井祐佳氏をお招きし、講義いただいた後に意見交換を行いました。


 松田知樹氏の事業は、スマホやパソコンはじめ、今日のあらゆる電子機器に必ず入っている「電子回路基板」を、コンピュータを使って設計するソフトウェア(CADソフト=EDA)の企画、販売を主軸としています。現在は、シリコンバレーとして知られる、アメリカ・カリフォルニア州フリーモントに事務所を構え、大阪の本社と往復する日々です。シリコンバレーには、インテル、アップル、HP、Google、Facebook、Instagram、Twitter、Yahoo!、eBay、Adobe、Teslaなど世界をリードするビジネスが集積しており、世界のコンピュータ関連産業の中心となっています。オープンイノベーションといわれる脱自前主義と、ギーク=オタクといわれる人材の厚さとスタートアップを支援するコミュニティ、豊富な資金がその競争力の源泉です。

 

  2.アントレプレナー論 
 株式会社  ROUGH LABO 代表取締役の山本宝氏をお招きし、講義と意見交換を行いました。

 

 山本宝氏は、大学で福祉を専攻し、人材紹介会社で2年間OLをしましたが、海外旅行を機に、人生これでいいのか?と考えて起業を決意。クラウドファンディングで目標額の318%を3日間で達成し、「働く女性がわくわくする事業」をテーマに2016年11月に起業、2017年9月に法人化しました。現在、①コワーキングカフェ、②レンタルスペース・キッチン、③起業したい女子のためのイベント企画、④クラウドファンディング、起業支援、⑤Café,Barの運営、などを行っています。
 現在、スタッフは12名で、肥後橋駅から徒歩2分のビルに店舗を構え、女性が女性のためにプロデュースしたアットホームな都会のオアシスとして、また、有名経営者を集め、世の中の最新情報を集めて、若い起業家に情報をシェアするためのイベントも開催しています。関西初のビットコインATMも設置しています。

山本氏からのメッセージ

上場企業に就職しましたが、仕事や将来に違和感を感じる中で、起業については両親や周囲からも猛反対を受けたが、「今しかない!」と思いきって起業して本当によかったです。大事なことは、本当にやりたいことに情熱を持って取り組むことと、それを伝える力です。ぜひ多くの若者に起業に挑戦してもらいたいと思います。

後日談

 後日、大阪・肥後橋にあるコワーキングカフェ ROUGH LABOを、起業を志す天野ゼミメンバーで訪問し、山本宝代表取締役から、創業に向けたアドバイスや、創業の留意点や広報のしかた、クラウドファンディングの活用について実践的なお話をうかがいました。


 経営学部4年生の藤田勇士さんは高齢者向け趣味マーケットの事業を、経営学部3年生の松田光留さんはコスチュームスタジオの事業を、藤田翔さんは店舗・サービス系の事業を、それぞれ将来起業しようと現在企画中です。経営学科・天野研究室では、事業計画のブラッシュアップの作成から、学内外のビジネスプランコンテストやピッチイベントへの参加、起業を志す学生や若者と、先輩起業家、メンター(支援者)や、外部支援機関との横のネットワークづくりなど、実質的な創業支援に取り組んでいますので、学生起業希望の人は学部、学科を問わず、是非相談に来てください。

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

→ROUGH LABOのホームページはこちら

一覧に戻る
学科に戻る