経営学部 経営学科
-最新情報-

経営学部の「池内塾」で宅建士取得を目指します!

 経営学部では、「取得を目指せる資格」として、宅地建物取引士(通称「宅建士」)を挙げて、その取得を奨励しています。宅建士とは、不動産に関する国家資格で、土地や建物の売買や賃貸など不動産取引にとってなくてはならない資格です。この資格を取得することで、不動産業界はもちろん、建設業や金融関係等への就職が有利になります。また、企業によっては宅建士の資格を持つことで手当てが付くなど、待遇がよくなることもあります。そのような意味で、宅建士は働くうえで非常に役に立つ資格といえます。働き出してから受験勉強をするのは大変なため、在学中に取得することをおすすめします。

 経営学部では、「池内塾」と題して、公共経営専攻の池内先生が、宅建士受験を目指す学生を集めて受験勉強会を行っています。今年は1年生から4年生まで10名以上の熱心な学生が「門下生」として集まり、日々受験勉強に邁進しています。

 下記の写真は、今年8月(夏休み)に開催した宅建塾の一コマです。学生たちが10月の本試験に向けて真剣に取り組んでいる様子が伝わってきます。

 大学時代は、夏休みなどまとまった時間があるため、資格取得のために集中して勉強することが可能です。皆さんも、自由に時間が使える学生時代に、サポートしてくれる先生と一緒に資格取得に挑戦してみませんか。経営学部では、宅建士のほか、ファイナンシャルプランナー、ビジネス実務法務検定、ビジネス実務マナー検定、簿記検定、PC検定など、さまざまな資格に挑戦する学生を全面的に支援していきます。

一覧に戻る
学科に戻る