経営学部 経営学科
-最新情報-

「大学基礎演習Ⅰ」プレゼンテーションに挑戦!

 1年生の「大学基礎演習Ⅰ」では、毎年、プレゼン大会を行っています。今年は、1年生全員が「ミュージックポートレート」と題して、現在に至るまでに自分が強く影響を受けた音楽、あるいは映画などをテーマにポートレートを作成し、これを用いて自分のことを紹介するプレゼンテーションに挑戦しました。

 例えば、音楽をテーマにした場合には、まず3曲にしぼり、それについてパワーポイント等を使って紹介するだけでなく、スマートフォンで曲を簡単に流し、なぜその曲を選んだのか、自分の人生にどのような影響を及ぼしたのかなど、曲にまつわるエピソードを紹介します。

 プレゼンテーション大会では、予選として1年生13クラスで、まずクラスごとに代表を選びます。プレゼンテーション大会では、クラス予選で1位に輝いた学生13名が1年生全員の前でプレゼンテーションに挑みます。審査は、今年も学生と教員の全員で行いました。

 今回、みごと最優秀賞に輝いたのは、企業経営専攻の森本雅也さんで、テーマは「忘れられない映画」でした。発表内容に加え、独創的なパフォーマンス、親しみやすさなども評価されたようです。森本さんには表彰状と賞品が授与されました。

  「人前で発表するのは、緊張するから苦手」という人もいるのではないでしょうか。実は、プレゼンテーションは何度も繰り返し行うことで発表のコツをつかみ、慣れれば緊張にも打ち勝つことができます。つまり、訓練を重ねることで、誰でもプレゼンテーションをマスターすることができます。将来、皆さんが社会に出たときに、多くの人前でプレゼンテーションをしたり、自分の考えを皆にしっかり伝えなければならないという場面が必ずあります。そのときに備えて、経営学部の学びの場では、プレゼンテーションの機会をたくさん設けています。今回は、そのはじめの第一歩でした。
 冬学期には引き続き「大学基礎演習Ⅱ」が開講され、「大学基礎演習Ⅰ」で身に着けた力をさらに伸ばしていきます。グループディスカッションにより意見を深めたり、みんなの前で理論的に意見が述べられるようにディベートにも挑戦します。今後、このHPで、学生たちがさらに成長していく様子を紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

一覧に戻る
学科に戻る