経営学部 経営学科
-最新情報-

企業家たちの偉大な挑戦を学ぶ〜大阪企業家ミュージアムでの特別講義〜

 経営学部・企業経営専攻の天野ゼミ・梁ゼミの2ゼミ合同で、大阪市の本町にある大阪企業家ミュージアムを訪問しました。大阪企業家ミュージアムは、全国でも数少ない企業経営者についての資料館で、2001年に「企業家精神」を広めることを目的に設立され、大阪商工会議所が運営しています。関西経済の発展と、そして世界に大きなインパクトをもたらした、企業家105名の挑戦についてパネルや実際の商品を用い、様々な角度から展示されています。

  ゼミ当日、まず、大阪商工会議所人材開発部の廣田雅美さんから、「企業家精神」の7つのキーワードについての説明がありました。目標や目的を持つ「」、社会に対する柔軟性「変化」、長期的な視野を持つ「先見性」、チャレンジャー精神である「挑戦」、いい物を作って必ず売るための「創意」工夫、自分の考えを持って自立する「自助」、あきらめない精神「意志」を持つということでした。

 企業家とは、漢字から見れば「業を企てる人」という意味ですが、当館では「今までなかった商品やサービスを生み出し、社会の発展や人の生活向上に貢献した人」を選び紹介しているとことです。説明を聞いた後は、2つのチームにわかれ、同館スタッフのご案内で、館内に展示された、五代友厚(明治維新の頃に活躍した大阪経済界のリーダーで、大阪商工会議所の初代会頭を務めました)から始まる各時代の著名企業家の経営哲学や、事業展開についての説明を受けました。

 これまでの授業でも学んだ、松下幸之助〔松下電器(現:パナソニック)を一代で築き上げた創業者〕や小林一三〔阪急電鉄や宝塚歌劇団をはじめとする阪急東宝グループ(現:阪急阪神東宝グループ)の創業者〕をはじめ、学生や高校生のみなさんにも馴染みのある、江崎グリコの江崎利一、日清食品の安藤百福などのパネルや展示物を通じ、その歴史背景や企業家精神を興味深く学ぶことができました。

 今回の特別講義では、展示されている企業家の中から、尊敬する人や自分の興味を持った業界などの企業家を2名選び、その経営哲学や人生についての感想をまとめることが課題として与えられました。

 参加した学生からは、「有名企業のルーツや、その発祥について興味深く学ぶことができた」、「何もないところから、アイディアとファイトで事業を創りあげていった企業家たちの行動力と心意気に感銘を受けた」、「来年から始まる就職活動に向けて、仕事とは何かを考え、また、知らなかった業界にも関心を持つきっかけになった」との声がありました。

 終了後、ミュージアム向かいにある、みんなでこのエリアの名物である、大正2年(1913年)創業の老舗喫茶店「ゼー六」のアイスを食べました(猛暑のなかで食べるアイスはまた格別です!)。「ゼー六」とは、「商人には無用の贅物六つあり。いわく禄、閥、引、学、太刀、身分。これなり」という、浪速の企業家の自由な気風や心意気を示した言葉です。商人(あきんど)には必要ない贅沢なものが6つあるといわれ、そのうち、禄(ろく)は「給料」、閥(ばつ)は「派閥」、引(ひく)は「コネ」、学は「学問」を意味します。戦前戦後から変わらぬ爽やかで素朴な味わいのアイス、企業家ミュージアム訪問の際には、ぜひ賞味してください。

 最後に、今回、私たちを受け入れ、大変丁寧に案内してくださった大阪ミュージアムのスタッフの皆さま、ほんとうにありがとうございました。

大阪企業家ミュージアムのサイトはこちら。http://www.kigyoka.jp/

ゼー六のサイトはこちら。https://www.ze-roku06.jp/

 経営学科では、企業家精神を発揮し、次の時代を切り拓くビジネスパーソンを育てることを狙いとして、様々な機会を用意しています。企業家精神により深く関心を持った学生は「アントレプレナー論」などの専門授業で、歴史や人物についての学びと理解をさらに深めたり、アイディアから事業計画を作成し、ビジネスプランコンテストに挑戦することでリアルな企業家を目指し、実践につなげることもできます。経営学部で学んだ学生が、将来、企業家として活躍する日は遠くないかもしれません。

経営学科の学びはこちら。http://www.shitennoji.ac.jp/ibu/guide/department/keiei.html

一覧に戻る
学科に戻る