経営学部 経営学科
-最新情報-

経営学部のオープンキャンパスミニ講義のご紹介

6月17日にオープンキャンパスが開催されました。まず、大講堂でのオープニングパフォーマンスとして、大学・短期大学部の紹介の後、学部ごとに教室に分かれ、学科説明ミニ授業が実施されました。

経営学部ミニ授業は、働き方改革って何だろう? 一緒に考えてみませんか?というテーマで行われ、たくさんの高校生の皆さんに参加していただきました。
オープンキャンパス当日は、6月中旬とはいえ暑い一日でしたが、それ以上に参加した高校生の皆さんの熱心なまなざしで、教室は熱気にあふれていました。


ミニ講義は、通常の大学での講義時間(90分)の3分の1にあたる30分間行いましたが、大学での学びを体験する良い機会として、皆さん熱心に耳を傾けてくださいました。

ミニ講義には、高校生だけではなく保護者の皆さんも一緒に参加されましたが、話の内容が「働く世代」の方々にとっても身近なテーマであったためか、話を聞きながらうなずいたり、興味関心を持って耳を傾けてくださっていたのが印象的でした。

また高校生にとっては、「人生100年時代」と言われる昨今、大学で何を学び、今後その学びを将来の仕事にどのように活かしていくのか、経営学部での学びについて少し身近に考える時間となったようです。

明るく元気な高校生の皆さんが多く、もうすぐ本格的に始まる大学の入学試験に向けて、熱心にメモを取りながらミニ講義を受講してくださいました。
ミニ講義終了後は、積極的に先生方に質問をされる姿が印象的でした。

ミニ講義後、教室での質問では「企業経営専攻でも市役所を受けられますか」などがありました。

地域にもよりますが、教養科目をしっかり勉強し、面接試験で信頼できる人材であることがアピールでき、一緒に働きたい人だと思ってもらえるよう、また、多くの人たちの幸せの実現のために働けることを楽しめるようしっかり自分磨きができれば、専攻に関係なく採用してもらうことが可能です。このような相談だけでなく、「どんな勉強ができますか」「どんなところに就職できますか」等、多様な相談や具体的な質問については個別相談ブースで受け付けています。

将来のキャリアについて、現在考え中の方も、方向は一応決まったという方も、一度、オープンキャンパスに来て、先輩や先生方と話してみてください。よいヒントが得られると思います。

みなさんの将来の多様なキャリア開発に、経営学部の教員は一丸となって全力で応援したいと考えています。

一覧に戻る
学科に戻る