経営学部 経営学科
-最新情報-

日本商工会議所簿記検定2級合格学生に聞きました!

経営学部企業経営専攻の3年生、松脇ゼミの尼木里英さんは本年2月に行われた日本商工会議所簿記検定2級に2回目の挑戦で見事に合格しました!

 

 

 1回目受験のための試験勉強から、不合格という結果に諦めることなく、コツコツと勉強を続けていた彼女の頑張っていた姿が思い出されます。尼木さんの合格に感化され、資格取得に向け再チャレンジあるいは新たにチャレンジをする人が増えてきました。ここで彼女の頑張りを紹介し、皆さんの刺激や励みになればと思います。

 

Q:講義の終わりに質問に来たり、研究室に訪ねてきて勉強していましたが、

  当時1日どれくらい簿記の勉強をしていましたか?

A:バイトもしていたので、平日は1時間くらいで、

  休日で時間があれば7時間ぐらい勉強する日もありました。

 

Q:なぜ日商簿記2級を受験しようと思ったのですか?

A:理由はありませんが、取得しようと決めました。

  全経簿記検定3級、ファイナンシャルプランナー3級に合格していたので、

  その続きで勉強しようと思ったのかもしれません。

 

Q:日商簿記検定2級の勉強は大変でしたか?

A:同時に車の教習所にも通っていたので、両立が大変でした。

  でも効率的に勉強するよう心掛けて、両方合格することが出来ました。

 

Q:今は何か勉強していますか?

A:ファイナンシャルプランナー2級の合格を目指し勉強を続けています。

 

Q:将来、取得した資格が役に立つ仕事に就きたいと考えていますか?

A:簿記の資格を活かして金融業かもしくは製造業で事務業務も良いなと考えています。

 

 - 教員よりメッセージ-

 強い意志と明確な目的を持って勉強すれば必ず結果がついてきます。資格取得は自信にもなり、人生の選択肢を広げてくれます。さらに、年齢に関係なく、やる気さえあれば何度でもチャレンジできます。

 経営学部は皆さんのやる気をいつでも応援します。

一覧に戻る
学科に戻る