経営学部 経営学科
-最新情報-

出でよ!未来の起業家たち 〜第4回IBUビジネスプランコンテストの開催〜

経営学科では、ビジネスプランコンテスト(略称「IBUビジコン」)を毎年開催しています。

これは、新商品、新サービス、アプリケーション、公共サービスも加え、自由な発想でのビジネスプランの創造性を競う学内コンテストです。 授業で学んできたマーケティングや財務、公共経営などの知識やを活用し、事業プランをまとめ、プレゼンテーションスキルを駆使して提案を行うことで、学生の起業家精神を育て、イノベーションマインド溢れる未来の起業家、経営者、マーケター、スーパー公務員を育成することを狙いとしています。

 

本年度も全学年を対象に、各ゼミや専門科目の授業内などで広くプランを募集、1回生の企業経営専攻では、「大学基礎演習Ⅱ」の授業では全員が必修で取り組むほか、専門ゼミでの指導も行われました。経営学科の専門科目を履修する他学部の学生も含め、およそ200件のビジネスプランの応募がありました。

第一次の書類審査、選任教員全員による第二次審査を経て通過した10チーム・個人は、冬休みに熟考を重ね、最終審査であるプレゼンテーション大会に臨みました。プレゼンテーションの後、質疑応答を経て、アイディアの独創性に加え、プレゼンテーションスキルや内容、さらに、学生らしさや社会性、市場性といった観点から、経営学部教員により審査が行われました。過去にない高レベルかつ完成度の高いプランが目白押しで、会場はとても白熱しました。

 

見事、第1位に輝いたのは、教育学科2回生、上玲奈さんによる、「発達障害・学習障害の子供たちのための塾」です。

不登校の小中学生が、通常の学校では困難なこと、特にコミュニケーション能力の向上について、個別・集団で学校外での学習時間を設け補うことで、成功体験を増やしながら自立を促していくプログラムを提供する教室です。不登校や引きこもりの教育は、社会に大きなニーズがありながらも公共が対応できていない課題であること、既存の学校との連携を図りながら個人をフォローしていくこと、また、定年退職教師の雇用や不登校経験学生のアルバイト採用などの社会性や、フランチャイズ展開などの収益性も広く盛り込まれており、発表のスキルやプレゼンテーションも具体的な調査結果を交え、説得性ある堂々とした自信あふれるもので、断トツの高い評価を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

2位は、経営学科3回生、五十殿拓さん、荒瀬翔吾さん、藤田勇士さんによる、「ピロペン・筆箱枕」です。

授業中眠くならずに集中するにはどうしたらいいかを考える中で、短時間に集中して眠るという「パワーナップ」に注目、休み時間に学校で違和感なく便利に行えるための「筆箱型の枕」を企画制作し、全国の学生の商品開発コンクールである「Sカレ」の場で「フランスベッド株式会社」に提案を行ったものです。本学短大生活ライフデザイン専攻の酒井祐佳さんの支援も得ながら何度も試作を行い、アンケートなどによるデータ収集とフィードバックを行った結果、完成度の高い商品になりました。

 

同点第位は、経営学科2回生、花谷佳規さんの「個人と企業の仲介サイトCRACT」です。

「業界・社会の常識を持たない個人ならではの考え」を企業に紹介して事業化に結び付けるためのプラットフォームの提案です。個人が企画書を作成し、専用サイトにアップロード、会員となった企業がそれを見てプロジェクトに繋げていくものです。埋もれた個人の力を顕在化させ、新事業をつくりだす仕組みそのものをつくりだすという、非常にユニークな提案であるだけでなく、収益性について、緻密な計算がなされていました。

 

そして特別賞には、経営学科1年生、植木祐介さんによる「無人島を活気づけよう」が選ばれました。

植木さんは、鹿児島県の離島、徳之島の出身。少子高齢化が急速に進み、離島者数は全国で第二位に達するなど故郷の現状に胸を痛める中で、鹿児島県に多くある無人島に注目。そこで若い男女を集め、サバイバルゲームを行い、婚活イベントとすることで、鹿児島の知名度アップや、若い定住者獲得につなげていこうとする計画です。故郷再生への熱い思いと、プロジェクトの具体性が評価され、特別賞に選定されました。

 

今回でビジコンも4回目となりましたが、提案の内容やユニークさ、完成度については年々レベルが向上していることを教員一同感じています。このコンテストを通じて、起業や商品開発を体験的に学ぶことで、大学発ベンチャーや将来の起業マインド溢れるビジネスパーソンが育っていくことを期待しています。また学内コンテストにとどまることなく、優秀なプランについては、ベンチャーキャピタルや専門家、パートナーの紹介、外部資金の獲得等で、実際の学生ベンチャー創業につなげるべくバックアップを行っていきます。

なお、平成30年度も第5回IBUビジコンを開催します。全学から多くの学生の挑戦を待っています。

 

★経営学科の学びはコチラ

一覧に戻る
学科に戻る