経営学部 経営学科
-最新情報-

10月21日(土)に経営学部の加藤先生、「たいし塾」で講義

10月21日の土曜日に、四天王寺大学のICT教室にて、第2期「たいし塾」の三回目が行なわれました。

今回の共通テーマは、「和のこころを世界へ」です。三回目は、経営学部の加藤先生による『フランスの個人主義は「和の精神」に通ずる』というお話です。


加藤先生は、専門がフランス文学で、第二外国語の「フランス語」、「西洋哲学・西洋思想」、といった科目から、大学の1回生は全員受講する「大学基礎演習」も担当しています。

フランスの個人主義というと、一見「和の精神」に反するかのように見えますが、実際はそうではなく、結局のところ他者の尊重ということで、西洋近代哲学史、特にフランスの現代思想をたどりながら、その内容が明らかとなりました。

受講された方々からは、アメリカのフェアプレイの精神との関係はどうかとか、聖徳太子の時代にフランスはどうだったのかといった質問がありました。

経営学部の皆さんも、将来、海外インターンシップということで、日本にとどまるのではなく、海外に活躍の場を求めるという希望を持っています。

経営学部をめざされる高校生の皆さんも、大学にいる間に、講義を通して海外に関心を持つとか、実際に海外に出かけるなど、楽しく有意義に学生生活を送られることを願っています。

 

★経営学部経営学科の学びはコチラより  

★特別公開講座「たいし塾」についてはコチラより

一覧に戻る
学科に戻る