経営学部 経営学科
-最新情報-

「君は孫正義になりたいか!?」 経営学科「大学基礎演習」

今回は、12月8日に実施された「大学基礎演習」について紹介します。

11月末から、経営学科1回生全員を対象にして「IBUビジコン」の説明を行っています。これは、経営学科の起業家を育成するイベントです。
例えば、自宅の空きスペースを利用して起業する場合、駐車場として提供してもらうといったことを考え、成功している人を紹介しているビデオをみんなに見てもらい、それを参考にして、いかにして日常生活の利用可能なものを見つけ出して商売にしていくか等、というビジネスプランを競い合うものです。

IBUビジコンチラシ

日頃何か不便に思っているとか、無駄に思っているとか、あるいは「こういうのがあったらいいな」を考えて、それをビジネスにすることができないかを考えていくのです。

そこで、まず日常生活でこういうのがあったらいいなとか、これは不便じゃないかとかいった、小さなことでもいろいろ気付く点をあげてもらいました。これが第一段階です。

そしていろいろ考えたことを元にして、起業案を「IBUビジコン」のエントリーシートとして作成します。

全体の説明会で、全員がまず、基本プラン作りを行い、その後、各クラスでも具体的にプランを考え深め、完成させました。このビジコンは一人で応募することも可能ですが、数人がチームを作って一緒に考えていくこともできます。全員でチームを作っているクラスもあります。


日頃は何気なくすごしていて、それでも不便に思うこともあると思いますが、いざビジネスとして考えると難しいものです。みんなその点苦労していました。いろいろ話し合って、エントリーシートを完成させた後、各チームで簡単なプレゼンをします。

このような機会を通して、実際にビジネスを始める前に、自分はどういう経験を積んだらいいか、どういう力が不足しているか、どういう資格を取ったらいいかということがだんだん見えてきます。

アイデアだけでなく、将来、社会で活躍するために、いろいろ学んでいかないといけないということに気付かされた学生は少なくなかったのではないかと思います。

「大学基礎演習」は、大学で勉強するにあたって基本的に学んでおきたいことを身に付けていく授業ですが、これは自分発見のいい機会で、これからさらに勉強していこうという意欲をかきたてる時間にもなっています。

高校生のみなさんも、ビジネスについて多様な角度からともに学びましょう!

一覧に戻る