経営学部 経営学科
-最新情報-

経営学科の「第1回プレエントランス・ガイダンス」が実施されました!

来年度、経営学科の公共経営専攻、企業経営専攻への入学を心待ちにしているみなさんを対象に、一足早く「第1回プレエントランス・ガイダンス」が11月26(土)に実施されました。 

keiei_261130_01

 

当日担当している経営学科6名の教員の自己紹介、応援学生2名の紹介の後、早速、伊藤先生(「経営学基礎」などを担当)による模擬授業「面倒くさいことがビジネス、サービスになる!?」が始まり、普段の生活の中で「面倒くさいなあ!」と感じることが、社会でどのように捉えられ、ビジネスやサービスにつながるのか、体験的に学んでもらいました。

まず個人ワークとして、参加者のみなさんが日常生活のなかで面倒くさいと思うことを挙げてもらい、それを既存のアンケート調査と照らし合わせていきます。次に漢字を探すゲームやパズルなど根気を必要とする、「面倒くさい」ゲームに取り組んでもらいました。このゲームは職業の適性検査も加味されたものですが、参加者は楽しんだり、苦戦したり、それぞれ違った表情をみせながらも真剣に取り組み、その後の解説にも興味深く耳を傾けていました。

 keiei_261130_02

 

ブレイクタイムをはさんで、今度は世の中の様々な割合について考え、グループで誤差を競い合う「パーセント・ファイト」に取り組みました。初対面同士のグループもありましたが、協力して参加することができていました。「面倒くさい」ことも、グループで協力し合えば前向きになれたり、やりがいにつながっていくことが少しずつわかっていくような、とても楽しそうな雰囲気でした。

最後に、伊藤先生から心理テストを交えながらの入学までの過ごし方についてメッセージが伝えられ、あっという間の充実した90分間が終了しました。

大学の講義は1コマ(90分)が基本ですから、参加者のみなさんに今回の模擬授業で大学の講義の流れをほんの少しだけでも体験してもらえたと思います。

次回の「第2回プレエントランス・ガイダンス」は2017年2月4日(土)です。

       今回参加してくださった方々をはじめ、より多くの方々とお会いできることを楽しみにしております。

 

slider_11

一覧に戻る