看護学部 看護学科 -最新情報-

2020年度 四天王寺大学大学院 看護学研究科 開設記念特別講演会「看護の現在と未来」講師 南 裕子氏によるご講演の報告

 2020年4月、四天王寺大学大学院 看護学研究科 看護学専攻 博士前期・後期課程の開設認可を記念して、2019年12月8日(日)、神戸市看護大学 学長の南裕子先生を講師として、特別講演会を開催いたしました。

 講演に先立ち、岩尾学長の挨拶に続いて、看護学研究科長に就任予定の山本看護学部長から看護学研究科開設の意義等について、説明がなされました。大学院を目指そうとされている現役の看護職の皆様や本学部1期生の学生の成長に希望を込めて、これからの道筋を示す未来へのメッセージが参加者の皆様に届けられました。

 南裕子先生の講演は、「看護の現在と未来」と題して、これまでの看護界の歩み、看護の現在、そして看護における今日的社会ニーズの変化に対応する課題についてお話頂きました。南先生の言葉の一つひとつに深みと重みを感じました。中でも、看護に必要なのは覚悟と勇気であると、私たちを励まし希望へ導く言葉をいただきました。看護学部1期生の学生たちやご参加くださった皆様は、真剣な眼差しで南先生の講演を聴かれていました。

 さらに先生は、Challengeとして、教員は学生の可能性を信じ、学生は自分自身の可能性を信じ、新たなChallenge!に挑む勇気をくださり、胸の鼓動が高鳴る貴重なひとときでした。

 

 講演終了後に、看護学部学生を代表して、入江帆香さんより、花束が贈呈されました。

南先生、ありがとうございました

【関連リンク】

→看護学科の学びについてはコチラ

→大学院:看護学研究科の学びについてはコチラ

 

一覧に戻る
学科に戻る